退職させられるほど症状が進行した若年性認知症の母。ホットケーキを作ろうとして火が…!(2)

#くらし 
フライパンから火が!

『48歳で認知症になった母』 2話


いつも優しくて明るくて、自慢のお母さん。
そんな母が48歳で若年性認知症を発症したあの日から、著者である美齊津康弘(みさいづやすひろ)さんの幸せだった毎日は徐々に崩れ始めます。学校から帰宅すると、徘徊する母を捜して連れ戻したり、うまくできない排泄の後始末をする日々。「僕がやらなきゃ家族が壊れる」と思い必死にこらえるも、自分のことすらわからなくなっている母に怒りと悲しみが湧いてきて…。

小学5年生から介護が始まった僕のお話


小学5年生にして「ヤングケアラー」となった美齊津さんの人生を描く『48歳で認知症になった母』。「大好きだった母」が変わっていくことでの想像以上の苦悩と葛藤、そして誰にもわかってもらえないという孤独感。人生を変えてしまうほどの壮絶な経験の数々に心が痛みます。


一足早く母の異変に気づいたのは…

優しくて明るいお母さんが大好き

ある日小学校から帰ると

一緒にテレビ見よう!

次ページ:この頃から様子がおかしくて…(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)