新玉ねぎならではのおいしさを楽しむならやっぱり生で!「新玉ねぎの麻婆あんかけ」

#食 
新玉ねぎ

みずみずしい新玉ねぎを味わえるのはこの時期だけの特権。さっと火が通るので、忙しい私たちにうってつけの食材です。生のフレッシュさ、さっと加熱したジューシーさ、ぜひどちらも味わってください。

今回は、生のシャキシャキ食感を楽しむ「新玉ねぎの麻婆あんかけ」をご紹介!

新玉ねぎって?


玉ねぎは通常、保存性を高めるために乾燥させていますが、早取り後、そのまま出荷されているのが新玉ねぎ。水分が多く、辛みも比較的少ないのが特徴。生のままでもおいしく食べやすいほか、火が通りやすいので時短調理にもぴったり!

新玉ねぎの麻婆あんかけ

シャキシャキの新玉ねぎにあつあつピリ辛あんをたっぷりかけて!

新玉ねぎの麻婆あんかけ

[ 材料・2人分 ]*1人分305kcal/塩分2.4ℊ
新玉ねぎ...大1個(250~300g)
豚ひき肉...200g
おろししょうが...小さじ1
おろしにんにく...小さじ1/2
豆板醤(トウバンジャン)...小さじ1/2
煮汁
∟しょうゆ...大さじ1
∟みそ...大さじ1/2
∟砂糖...小さじ1/2
∟水...1/4カップ
水溶き片栗粉
∟片栗粉...大さじ1/2
∟水...小さじ1
ごま油 

[ 作り方 ]
1.新玉ねぎは縦半分に切り、横薄切りにする。水に約10分さらし、水けをしっかりきる。

生でシャキシャキ!

繊維を断つように横に薄切りにすると、辛みが抜けやすい。水を張ったボウルに約10分つけて水けをきる。

2.麻婆あんを作る。フライパンにごま油大さじ1/2、しょうが、にんにく、豆板醤を入れて中火にかける。香りが立ったらひき肉を入れ、ほぐすように炒める。

3.肉がパラリとしたら、煮汁の材料を加えて混ぜ、煮立ったら水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。器に玉ねぎを盛り、麻婆あんをかける。

*  *  *

玉ねぎを水にさらしている間に麻婆あんをサッと作りましょう。玉ねぎの辛さが苦手な方は、繊維を断つように横に薄切りにすると、辛みが抜けて食べやすくなります。

調理/上田淳子 撮影/木村 拓 スタイリング/久保田朋子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/田久晶子

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年3月号より>

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 3月号』情報はこちらから▼

料理特集は「料理の手間をとことん省く!」。めんつゆを使えば味つけに迷わない、ひき肉で包丁を使わない、レンジで火を使わない…など、とことん手間を省いたレシピをご紹介しています。また、この時期旬の新玉ねぎレシピや、食パンで○○が作れちゃう!?驚きのレシピもご紹介。その他、献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」や、にぎりっ娘。さんの「頑張らないお弁当」特別ダイジェスト版など、読み応えたっぷり!LETTUCE MEETSには小澤征悦さんが登場!オトナのNEWS連載には加藤シゲアキさんが。コミックエッセイも多数!レタスクラブ3月号をぜひお楽しみください。

おすすめ読みもの(PR)