しっとり瑞々しい春のコロッケ!「鮭と新じゃが芋のコロッケ せりマヨソース添え」

#食 

この時期ならではの瑞々しい旬野菜「新じゃが」。きめが細かく、一般的なじゃがいものホクホクとした食感とはまた違ったおいしさが楽しめます。年中出回る野菜と違い、旬を逃すと手に入らなくなってしまうため、「今年もこの季節がやってきた!」と春の楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

そしてせっかく新じゃがを使用するのなら、新じゃがの魅力を堪能できる調理法で味わいたい。そこで『3分クッキング』5月号の「大活躍!新じゃが・新玉ねぎたっぷりおかず33」を見てみたら、「鮭と新じゃが芋のコロッケ せりマヨソース添え」がとってもおいしそう! コロッケというと、ホクホクとした男爵を使うイメージが強いですが、ここであえて新じゃがを使用……気になる! 早速作ってみることにしました。

大きめサイズでボリューム満点
「鮭と新じゃが芋のコロッケ せりマヨソース添え」


大きめサイズでボリューム満点!「鮭と新じゃが芋のコロッケ せりマヨソース添え」

材料(4人分)
新じゃが芋…(大)8個(約720g)
塩鮭(甘塩)…2切れ(200g)
・パルメザンチーズ(おろす)…大さじ2
・牛乳…大さじ3
・バター…10g
せりマヨソース
・せり…1わ(180g)
・マヨネーズ…大さじ6
小麦粉、溶き卵、パン粉…各適量
サニーレタス…適量
●塩、こしょう、油

作り方

1 鮭は魚焼きグリルで焼き、皮、骨を除いて身をほぐす。せりは塩少々を加えた熱湯でさっと湯通しし、冷水にとって冷ます。水気を絞ってみじん切りにし、マヨネーズを混ぜる。

2 じゃが芋はよく洗って半分に切り、5分ほど水にさらして水気をきる。耐熱皿に並べてふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)に10分かける。熱いうちに皮をむいてつぶし、1の鮭、チーズ、牛乳、バターを加えて混ぜる。塩小さじ1、こしょう少々で味をととのえ、8等分して丸め、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。

3 フライパンに油を3cm深さに入れて180℃に熱し、2を入れ、きつね色になるまで3分ほど揚げる。器に盛り、ちぎったサニーレタス、せりマヨソースを添える。

* * *

しっとり滑らかな舌触り、軽さを感じさせる瑞々しさは、いつも食べるホクホクコロッケと比べてとても若々しい味わい。さらに、せりマヨネーズの爽やかさが一層春らしさを強めてくれます。せりマヨネーズはもっとクセを感じるかと思いましたが、鮭との相性が非常に良いため、むしろアクセントとして引き立て役に。これも大発見でした。新じゃがは火が通りやすいため、短時間でできるのも嬉しいところ。この春は、この新じゃがコロッケもレパートリー入り決定です!

調理、文=月乃雫

この記事に共感したら

Information

おいしい時季にたっぷり食べよう! 新じゃが・新玉ねぎ活用おかず
大特集は「新じゃが・新玉ねぎたっぷりおかず33」。今が旬の新じゃが芋と新玉ねぎをたっぷり使った、ごはんに合うおかずをお届けします。肉と合わせた炒めもの、煮もの、揚げものから、すぐできる副菜まで。さらに新じゃが芋は「ざっくりつぶす」、新玉ねぎは「はちみつ酢玉ねぎにする」という方法で新しい味わいもご提案。体の中から元気になれそうなレシピが満載です。
好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「にらじょうゆ」、「Mizukiのやみつき旬おやつ」はオレンジを使った「オレンジフレンチトースト」です。

おすすめ読みもの(PR)