こんにちは!貯金に燃える主婦、うだひろえです。

主婦の働き方って、悩ましいですよね。

夫の年金で暮らす、は過去のおとぎ話! 主婦の老後のお金を考えた:漫画家うだひろえさんが【やってみた】  画像(1/4) 主婦はどれくらい働くのがお得…?

夫の扶養の範囲で働くか、その壁を越えて働くか。


しかも、4月25日発売のレタスクラブで見たのですが、この4月からは、お金の制度がいろいろ変わったんですよね。

なんでも、パートでも厚生年金保険に入れる=将来もらえる年金が上乗せされるんだとか。

夫の年金で暮らす、は過去のおとぎ話! 主婦の老後のお金を考えた:漫画家うだひろえさんが【やってみた】  画像(3/4) 妻も年金も増やすように働くほうがトク!その理由をイラストで見る

夫の年金でのんびり年金暮らし……なんてのは、もはや過去のおとぎ話。

今は、妻も年金も増やすように働くほうがトク!と、断言されていました。

夫の年金で暮らす、は過去のおとぎ話! 主婦の老後のお金を考えた:漫画家うだひろえさんが【やってみた】  画像(6/4) .

たしかに、壁を越えて働けば、収入はGETできて貯金もできるし、老後の自分へ「老齢厚生年金」も渡せるわけですものね。

自分が受け取る年金が多ければ、夫婦2人分の年金も多くなるし、夫に先立たれた際に年金額がガクッと減るのにも備えられますしね。

何より、「貯金」はいつか尽きるものだけど、「年金」は死ぬまでもらえるお金。

できるだけ多くしたいものです。


夫の年金で暮らす、は過去のおとぎ話! 主婦の老後のお金を考えた:漫画家うだひろえさんが【やってみた】  画像(10/4) .

私はフリーランス(自営業)なので、付加年金を利用したり、個人型確定拠出年金を検討して、将来もらえる年金を増やしていこうと思います。

作=うだひろえ

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】