ひざ上のムダなお肉をなくすには、使っていない裏ももを鍛えて/ずぼら女子が発見した脚やせの極意(4)

#美容・健康 
片側の脚を持ち上げる

『最強ずぼら女子が発見した脚やせの極意 脱・おブス脚で心と体を健康にする!』4回【全8回】


脚が太い、むくみがひどい、ひざの上に余計なお肉が…など、多くの女性が抱える「脚やせ」の悩み。運動や食事制限を頑張ってみても、なかなか結果が出ずにあきらめていませんか?

ちぃさんも、脚やせの道のりは簡単ではなかったようです。かつては乱れた食生活から数々の持病を持ち、内股でO脚の太い脚でしたが、さまざまなトレーニングを実践して、誰もが憧れる美脚と健康を手に入れました。その中から、アンケートで寄せられた脚やせのお悩みを解決する方法を紹介します。

「脚やせを妨げているのは、実は脚とはまったく違うところにある」「骨格や遺伝だとあきらめちゃダメ」など、目からウロコの話に、やる気が湧いてくるはずです! 

※本記事はちぃ著の書籍『最強ずぼら女子が発見した脚やせの極意 脱・おブス脚で心と体を健康にする!』から一部抜粋・編集しました。


QUESTION
ひざ上にムダにお肉が乗ってます!

【やりがち間違い】
×ひざ上を鍛えるために、前ももに負荷をかける

ANSWER
一旦、「ひざ」を忘れて、裏ももに注目!

ひざ上のお肉は、実は太ももの筋肉によって押し出された脂肪! つまり「ひざ」というより、原因は「太もも」にあります。
ひざ上のお肉が目立つ人は「裏ももを使っていない太もも」の持ち主なんです。裏ももが働かないと、前側の筋肉が張り、ひざ上の脂肪を押し出すのです。そのため、ひざ上のお肉解消には、張った前側はほぐし、働かない裏側は鍛える、両面からの太ももへのアプローチが効果的です。

MISSION 1
がんばりすぎの前ももをストレッチ

1 片ひざ立ちになり、胸を張る

右脚を前にして、片ひざ立ちになります。両ひざは90度くらいになるように。右手は右ひざの上につき、左腕は体の横に下ろしておきます。

片ひざ立ちになり、胸を張る


2 後ろ側の足の甲をつかむ

ひざを床につけたまま左足を持ち上げ、外側から左手で左足の甲をつかみます。上体はねじらずに、できるだけ正面に向けておきましょう。

後ろ側の足の甲をつかむ


3 つかんだ足を引き寄せる

左手で左足を引き寄せ、お尻に近づけます。太ももの前側の伸びを感じながら、ここで10秒キープ。2に戻り、2、3をくり返します。反対側も同様に。

つかんだ足を引き寄せる


【NG】上体は前に倒さない
体が前に倒れてしまうのはNG。上体は倒さず、ひじを曲げて足を引き寄せましょう。

上体は前に倒さない


【目標】2、3を左右各20回 2セット

MISSION 2
お尻~裏ももを鍛えて、前ももの負担を軽減

1 あお向けになり、ひざを立てる

床にあお向けになります。両ひざを立て、脚は腰幅に開きます。腕は体の横に伸ばし、手のひらを床に向けます。

あお向けになり、ひざを立てる


2 足で床を押し、お尻を持ち上げる

足裏と手で床を押し、お尻を持ち上げます。肩に力が入らないように注意し、ひざ~肩のラインを一直線に。

足で床を押し、お尻を持ち上げる


3 片側の脚を持ち上げる

お尻を持ち上げたまま、ひざを曲げた状態で左脚を持ち上げます。ひざと脚のつけ根は90度にキープしましょう。2→1と戻り、反対側も同様に。

片側の脚を持ち上げる


【NG】ひざ~肩は一直線に
2~3のときにお尻が落ちてしまうのはNG。特に3では脚を持ち上げることに意識がいき、お尻の高さをキープしておくことを忘れがちなので要注意。

ひざ~肩は一直線に


【目標】1~3を左右各20回 3セット

著=ちぃ/『最強ずぼら女子が発見した脚やせの極意 脱・おブス脚で心と体を健康にする!』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //