サッと塩を振って熱々を頬張りたい「とろ〜り温玉揚げ」/上手に手抜き!真似したくなるキャンプ飯(5)

#食   
ハフハフして食べましょう!「とろ〜り温玉揚げ」

『なにこれ!うまっ☆ 上手に手抜き!マネしたくなる365日キャンプ飯』5回【全10回】


365日、毎日キャンプ料理を発信し続けているベランダ飯(@veranda_meshi)さん。キャンプ好きが高じて、自宅のベランダで作ったアウトドア料理のレシピがInstagramで話題です。

食材はどこでも手に入るもの、作り方も切って混ぜて焼くだけなど劇的に簡単なのが魅力! 栄養やカロリー、常識にとらわれない、大胆かつ悪魔的においしいレシピばかりです。

調理に使うのは、ホットサンドメーカーやメスティン、スキレットなど、キャンプ定番の調理器具ですが、レシピによってはフライパンや鍋などで代用するのも手。「道具は持っているけど使う機会が少ない」という人も、レシピを参考にどんどん活用しませんか? お子さんと一緒に自宅ベランダで楽しむのもおすすめですよ!

※本記事はベランダ飯著の書籍『なにこれ!うまっ☆ 上手に手抜き!マネしたくなる365日キャンプ飯』から一部抜粋・編集しました


ハフハフして食べましょう!
とろ〜り温玉揚げ

ハフハフして食べましょう!「とろ〜り温玉揚げ」


[ 材料 ]
・卵(3個)
・溶き卵(1個分)
・薄力粉(適量)
・パン粉(適量)
・塩(少々)
・油(適量)
・乾燥パセリ(少々)

材料


[ 作り方 ]
1.メスティンに湯を沸かし、中火で卵を7分くらいゆでる。

2.ゆでた卵は素早く氷水につけ、しばらく冷やしておく。

3.水気をよくふき取ったメスティンに、揚げる用に油を入れて中温(170~180°C)に熱する。

4.卵の殻をむいたら薄力粉をまぶし、油大さじ1を加えた溶き卵にからめる。パン粉をしっかりまぶす。

5.表面が色づき10~15秒揚げたらすぐに取り出す。網じゃくしや穴空きおたまなどがあると、安全に揚げられるのでおすすめ。

6.揚がったら塩を全体にふり、お好みで乾燥パセリをふる。

揚がったら塩を全体にふり、お好みで乾燥パセリをふる


【Point】

卵は殻のお尻の部分に金串などで小さく穴を開けてからゆでると、殻がむきやすくなります。

【メスティン】

メスティン

メスティンとは一般的にはアルミ製の飯ごう(お米を炊く調理器具)のこと。炊飯以外にも、煮る・焼く・蒸す・燻すなど、柔軟に使うことができる点も魅力です。

【シェラカップ】

シェラカップ

シェラカップは、持ち手付きの金属製のカップのことで、コップや食器としてはもちろん、調理器具としても優秀。小さなボウル代わりにしたり、直火にかけられるので、小さな鍋として加熱調理にも使えます。

レシピを参考にするときは

■計量単位について大さじ1=15ml、小さじ1=5ml、1合=180mlを目安にしています。
■材料について
・「こしょう」は白こしょうと黒こしょうがブレンドされた細粒タイプを、「ブラックペッパー」は粗びきタイプの黒こしょうを使います。
・「すりおろしにんにく」「すりおろし生姜」はチューブタイプが便利です。
・「油」とある場合、サラダ油を使っています。「酒」は清酒のこと。「赤唐辛子」は乾燥したものを指します。
■分量、調理時間や火加減、温度などは目安なので、好みや必要に応じて調整してください。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //