大人の足の動きに合わせてジャンプ! 反応力を高める「ふんじゃダメよ」/おばたのお兄さんが教える親子エクササイズ

#育児・子育て   
ケンケンパするようにジャンプしてよけてみよう

『おばたのお兄さんといっしょ 親子で楽しむポジティブエクササイズ』1回【全8回】


家にいる時間が長いと、どうしても運動不足になりがち。夏休みで体を持て余しているお子さんも多いのではないでしょうか。できれば親子で体を動かして、一緒に運動不足を解消できるといいですよね。

そんな時にぜひチャレンジしてほしいのが、運動神経バツグンのお笑い芸人・おばたのお兄さんが教える新感覚エクササイズ! スーパーのレジ袋を使った遊びや体を動かすリズムゲームなど、親子で楽しく遊びながら反射神経や体幹を鍛えることができるエクササイズです。

特別な道具はいらないし、家ですぐにできるから、運動やスポーツはちょっと苦手というお子さんでも続けられるはず。日本体育大学卒でお笑い芸人という、おばたのお兄さんならではの知識とアイデアが満載のエクササイズで、「運動って楽しい!」という時間を親子で共有しませんか?

※本記事はおばたのお兄さん著の書籍『おばたのお兄さんといっしょ 親子で楽しむポジティブエクササイズ』から一部抜粋・編集しました


紹介してくれたのは:おばたのお兄さん

吉本興業所属のピン芸人。日本体育大学卒でよしもとアスリート芸人としても名を馳せる。アイドルグループ吉本坂46のメンバーでもある。【資格】中高保健体育教諭免許/キッズコーディネーショントレーナー(NESTA)/メンタルトレーニングスペシャリスト/スポーツフードスペシャリスト/スキー検定1級
【スポーツ歴】[野球]小学校3年生~高校3年生/[アルペンスキー]元新潟県地区強化指定選手/[剣道]全国大会出場(日本武道館)/[ラクロス]関東学生リーグ優勝/2008年 国際雪合戦大会優勝

ふんじゃダメよ

床に座った大人が動かす足を、その場でケンケンパするようにジャンプしてよけてみよう。少し難しいから、はじめはゆっくりと!

【ここに効く!】
・反応力
・ジャンプ力

1.床に座った大人が足をVの字に広げ、その中に子どもを立たせる

「足を閉じるから踏まないようにジャンプしてごらん」と声をかけて、子どもにジャンプさせてみよう。そのとき、子どもの手を握って、できるだけ高く跳ばせることがうまくできるコツだよ。

ケンケンパするようにジャンプしてよけてみよう


2.大人が足を閉じて、ジャンプした子どもは足を開いて着地

大人の足を踏まずにジャンプできたかな? 難しいようなら、子どもに足を開いて着地、閉じて着地と交互にその場跳びをやらせてみて、ジャンプと着地のときの足の動きに慣れさせよう。

大人が足を閉じて、ジャンプした子どもは足を開いて着地


3.ゆっくりとしたテンポで繰り返す

ふんじゃダメよのポイントは、大人の足の動きを素早くやること。だから、大人もバランス感覚と足の筋肉が鍛えられるよ。できるようになったら、10回繰り返してみよう。

ゆっくりとしたテンポで繰り返す


【POINT】
●子どもの手を握ってサポートすると安全だよ
●子どもだけじゃなく、大人のエクササイズにもなるよ

のぼってみよう

大人をジャングルジムや階段、大きな木だと思って、どんどん登ってみよう。肩まで登ることができたら、おサルさんもびっくりぎょうてんだ!

【ここに効く!】
・バランス
・体幹

1.大人と子どもが向かい合って手をつなぐ

大人は自分がジャングルジムになったつもりで、子どもによじ登らせよう。はじめは大人が片足を前に出して踏ん張り、登りやすいポーズをとるのがポイント。しっかりした土台がないと子どもはうまく登れないよ。

ジャングルジムになったつもりで、子どもによじ登らせよう


2.足を踏ん張った大人を子どもがよじ登る

後傾姿勢(こうけいしせい)の大人をよじ登ることができたら、今度はまっすぐ立ったまま登らせてみよう。このときのポイントは子どもの動きに合わせて大人が手を上げて誘導してあげること。大人の手よりも、子どもの頭が下にならないように注意!

足を踏ん張った大人を子どもがよじ登る


3.大人はバランスをとって子どもは登りつづける

大人がさらに後傾姿勢になってバランスをとりながら、子どもをもっと上まで登らせてみよう。このとき大人が足を肩幅に開いて、しっかりと踏ん張るのがコツ。肩まで登れるかな? 無理せずに少しずつチャレンジだ。

大人はバランスをとって子どもは登りつづける


【POINT】
●怖がる子どもは大人が上手に誘導してあげよう
●子どもを下ろすときは抱きかかえてゆっくりと

著=おばたのお兄さん/『おばたのお兄さんといっしょ 親子で楽しむポジティブエクササイズ』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)