場所と時間がわからなければ遊べません!放課後約束したのに遊べない悲劇/少女漫画ぽく愚痴る。(9)

#趣味   
遊ぶ約束をしても…

『少女漫画ぽく愚痴る。』9回【全12回】


育児や家事、夫に対するリアルな主婦の声を少女漫画風にしてみたら…!?

SNSやブログでイラストを配信しているたら実(@yamawaraemi)さん。少女漫画風のイラストに添えた、日常の切実な叫びが重なりあって、「わかる」「ギャップに笑ってしまった」と話題を集めています。日々の「あるある」を元に生まれた作品を、たら実さんのコメントを交えてお送りします。
うなずいたりツッコんだり、愚痴も笑い飛ばしちゃいましょう!

※本記事はたら実著の書籍『少女漫画ぽく愚痴る。』から一部抜粋・編集しました。


さっさと入ればいいのはわかっている。それができないのがお風呂

一体、人生の何時間をこうして無駄にするのだろう

一体、人生の何時間をこうして無駄にするのだろう。

1枚目は、夏らしい美しい夜空と共に、たら実さん自身の経験を表現。お風呂に入るまでが長いという、あるある感も星空も満点のイラストです。「夜のベランダで、友達や好きな人とLINEなどのやりとりをしながら星を見ている風です。実際の夏の夜のベランダは蚊などの虫がいて苦手ですが、憧れます。楽しく描けました」

出かけるって言ったじゃん!なぜ支度せず漫画を読み始めるの?

夏休みのおでかけで頻発しそうな「あるある」

夏休みのおでかけで頻発しそうな「あるある」。

続いて、すんなり出発できないおでかけあるある。「私のエピソードです。イラストは、部屋の中をこっそりのぞいたのがバレた風で、夏休み中のイメージです。『出かけるよ』と伝えて『わかった』と返ってきた直後にDVDを見始めようとする時もあります」と、日ごろから苦労しているようです。

場所と時間がわからなければ遊べません!子どもの雑な約束が生む悲劇

涙と共にこぼれる悲痛な訴え

涙と共にこぼれる悲痛な訴え!

ラストは、たら実さんのお子さんに関する愚痴をイラスト化。「放課後に泣いている友達を慰めている風です。小2の息子が一時期こうで、『集まる場所と時間を決めておいで』と繰り返したら、ちゃんと決めてきて、無事に遊べるようになりました。現在小5の娘も、同じ時期に同じような感じでした」とのことなので、同じ場面に直面する親御さんも多いのでは。

著=たら実/『少女漫画ぽく愚痴る。』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)