【寄付額6000円以下】上限額まであと少し!「ふるさと納税」返礼品約44万点を知るプロにオススメを聞いてきた!

#食   
 “ちょい足し”のオススメ返礼品

「ふるさと納税」の寄付先が決まったものの、上限まであと少しのところで差額を埋めるのが意外と難しい…。
「もう時間もないし諦めようかな・・・」と弱気になっていたら、「楽天ふるさと納税」の担当者さんから、「差額調整に使いやすい5000円前後の返礼品もおすすめがありますよ!」と頼もしいお言葉が!


谷本さん

教えてくれたのは、楽天グループ株式会社のふるさと納税事業部・谷本真理さん。
「楽天ふるさと納税」で扱っている44万点以上(2022年12月時点)の返礼品を知り尽くした、ふるさと納税のプロです。

「年末に慌てて寄付をすると、”控除の枠を超えていた!”というミスも。まずシミュレーターを利用して、ご自身の控除上限額を確認してから申し込んでくださいね」(谷本さん)


それでは、上限ギリギリを達成する「ちょい足し返礼品」を紹介します!

お店の味さながらの本格スープカレー

【北海道弟子屈町】北国の丸ごとチキンレッグスープカレー 2個5000円

ふるさと納税【北海道弟子屈町】北国の丸ごとチキンレッグスープカレー 2個5000円

「チンするだけで、とっても簡単に本場・北海道のスープカレーが味わえます。スパイスのきいたスープにチキンレッグが丸ごと入っていて、野菜もたっぷり。在宅のランチや夕食にも最適です」(谷本さん)

北海道の名店の味を熟知したスタッフがこだわり抜いて作った、オリジナルのスープカレーです。
スパイスの効いた味わい深いスープに、やわらかいチキンレッグが1本と、弟子屈町産のジャガイモやニンジンも入ってボリュームも満点。
ルータイプのカレーと違って、スープカレーは茹でた野菜や肉を追加してもなじみやすく、家族の好みに合わせてアレンジできるのも便利ですね。
年内配送は終了していますが、2022年の寄付になるのでストック用にもおすすめです!


人気すぎて半年待ち!A5にこだわった飛騨牛切り落とし

 【岐阜県高山市】飛騨牛 A5等級 切り落とし(300g)5000円

ふるさと納税【岐阜県高山市】飛騨牛 A5等級 切り落とし(300g)5000円

「A5等級のお肉がこのボリュームで届くのはうれしい!切り落としなので、肉じゃがや炒め物、ハヤシライスなどお料理のバリエーションが広がります」(谷本さん)

一頭買いの飛騨牛から、最高ランクのA5等級にこだわった切り落としです。
A5の中でも、さらに霜降りの度合いを示す脂肪交雑(BMS)12段階中の10~12段階の上質なものが届くという贅沢なもの。
飛騨牛は霜降りの美しい肉質で、脂が甘くしつこさもないので、牛丼や炒め物、煮物など幅広く使えます。
リピーターも多く、いま申し込んでも発送は最短で2023年7月(2022年12月時点)という人気ぶり。
半年待ちという超人気のお肉をぜひ食べてみたーい!


食べやすい切り身の塩サバをたっぷりお届け

【和歌山県湯浅町】国産 塩さば フィレ 8枚入 (真空パック入)6000円

ふるさと納税【和歌山県湯浅町】国産 塩さば フィレ 8枚入 (真空パック入)6000円

「切り身タイプなので焼くだけですぐに食べられるのが便利。お弁当や夕食など、活躍の場も多い肉厚のフィレです」(谷本さん)

こちらの返礼品は、和歌山県湯浅町で100年続く鮮魚店「魚鶴商店」の塩サバです。
肉厚で脂がのった旬の時期のサバを塩水にじっくり漬け込み、やさしい塩味に仕上げています。
半身のフィレを2枚ずつ真空パックしているので保存もしやく、小分けに使えるのが便利。
シンプルに焼くだけはもちろん、サバの味噌煮やサバサンドもおすすめの食べ方です。
また、いまだけの期間限定で通常15000円の24枚入りが13000円でお得に手に入るので、寄付額に余裕がある人は必見です!


2022年のふるさと納税の申し込み期限は12月31日(土)23:59まで。
少しの差額は諦めようとしていたけれど、教えてもらった返礼品のおかげで、今年は上限ギリギリまで寄付できそうです!

※ふるさと納税寄付先の自治体の数に上限はありませんが、 給与所得者などの方が確定申告不要で控除を受けられる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用する場合、寄付先は5自治体までという制限があります

■教えてくれたのは
▶谷本真理さん
楽天グループ株式会社 地域創生事業 ふるさと納税事業部。ユーザ向けマーケティング・企画を担当。

【取材・文=田辺千菊(Choki!)】
※返礼品の到着には時間がかかる場合があります/状況により受付停止されている場合があります/返礼品の寄付金額は記事の配信時点のものとなり、変わる可能性があります

この記事に共感したら

Information

LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)