かつてない強運を発揮する/2023年「三碧木星」の人の運勢

#くらし   
強運を発揮する年となるが、トラブルという影が常について回る年でもある


コロナ禍から少しずつ日常を取り戻し始めた一方で、ロシアのウクライナ侵攻、安倍元首相の銃撃事件、ソウルの雑踏事故など、国内外で衝撃的な出来事が相次いだ2022年。変化し続ける状況と先の見えない不安に、気持ちが揺れ動く日々を過ごした人も多いのではないでしょうか。

2023年はどんな心持ちで備えれば良いのかを、「社会運勢学」の第一人者・村山幸徳氏の『展望と開運2023』から読み解いていきましょう。2023年のバイオリズムと家庭運を中心にご紹介します。

※本記事は村山幸徳著の書籍『展望と開運2023』から一部抜粋・編集しました

生まれ年から本命星を探す

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢(下の記事)は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。


「三碧木星」2023年のバイオリズム

三碧木製の2023年のバイオリズム

2023年は三碧木星がかつてない強運を発揮する年となる。しかし光が強くなれば、闇も濃くなるように、トラブルという影が常について回る年でもある。だからといって、悲観することはない。宇宙は陰と陽とのバランスでできており、トラブルにもそれなりの役割がある。運勢の強い時ほど周囲と歩調を合わせ、物事の継続を意識すれば大きな問題にはならない。

運勢が落ちる3月と12月は周囲との乖離(かいり)が大きい。自己中心的な態度は戒め、口論を起こさないように気をつけるべきである。それ以外は総じて運勢が強いから、何事も積極策で前向きにチャレンジしていきたい。

「三碧木星」家庭と健康

2023年の三碧木星は、地域の役員に選出されたり、友人の結婚式で受付を頼まれたり、親戚の集まりの幹事に任命されたり、公私共に様々な接点や窓口としての役割を求められる。大勢の人や物事を取りまとめる場面が増えるが、不満を漏らすことのないようにしたい。

元々、明るい心の持ち主だけれど、どういうわけか2023年はイライラが募り感情的になりやすいから心しておくように。せっかく労力を使うのであれば、気持ち良く取り組んだほうがいいに決まっている。皆、三碧木星に負担をかけていることは知っているから、「どうして自分ばかり」などと言わないこと。持ち前の明るさを発揮すれば、予想外に信頼が得られるから、そこから人生が動き出す可能性があるのだ。

また仕事でトラブルが多くなるから、自然と帰宅が遅くなりそうだ。予定外の仕事が入ったときには、面倒臭がらずに「帰るのが遅くなるね」の一言を。忙しいなかでの連絡だから、SNSでもメールでも家族は理解してくれる。自分が背負ったトラブルで家族の心に暗闇をもたらしてしまうことのないようにしたい。ちょっとした気遣いで、家族間のいざこざは避けられるから、そこを意識して行動するといい。

2023年は、とにかく交通事故に注意してほしい。車やバイクなどに乗る前に日常点検を習慣にしておくように。タイヤの溝が少しでも気になったら早めに交換へ。命より高いタイヤなどない。

著=村山 幸徳/『展望と開運2023』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //