えっ、シュークリームの上にイクラ? 衝撃のハロウィン限定パンプキンスイーツ

もうすぐハロウィン。カボチャのおいしいこの季節は、やはりパンプキンスイーツが恋しくなりますね。一通りのハロウィンスイーツは制覇したというお口の肥えたあなたには、サプライズトッピングつきのこんなスイーツはいかが?

原宿・地下鉄明治神宮前駅からすぐのワールドワイドなカフェ「Workingholiday Connection」では、2017年10月24日から10月31日までの間、期間限定のハロウィンスイーツ「パンプキンシュークリーム」がメニューに仲間入りします。

さっくりフワフワの手づくりシュー生地の上に、自家製パンプキンクリームがたっぷり絞られた「パンプキンシュークリーム」は、旬のカボチャの味わいを生かした甘さ控えめのお味で、カボチャ好きな方にはぜひ食べてほしい一品。手がけるのは現在ワーキングホリデーで来日している、自国の有名レストランでシェフをつとめた経歴を持つポーランド人スタッフです。

運ばれてきたお皿を見てまずビックリするのは、シュークリームの上にキラキラと散りばめられた、オレンジ色の小さな粒。これはもしかして、イクラ……?

その正体は、レモンジュースを固めてつくったスモールボールでした。ポーランド人シェフが日本でイクラのビジュアルにインスピレーションを感じ、形を真似てつくったとのこと。レモンの酸味が濃厚なパンプキンシューのいいアクセントになっています。

「ワーキングホリデーコネクション」のある原宿は若者が多い街ですが、店内にはベビーチェアも用意してあり、お1人様から家族連れまで入りやすいカフェとなっています。秋のお散歩がてらに、ちょっと立ち寄ってみては?