肩こり、腰痛…冬の痛みからどうすれば脱出できる?

#美容・健康 
あ、腰が…。冬の痛みは慢性化しやすいのでご用心!


寒くなるとツラくなるのが、肩こりや腰痛などの痛み。なんとかしたいと思っている人も多いのでは? 「それなら血行をよくすることが早道です」というのは、医学博士の福田千晶先生。具体的にどうすればいいのかを、教えてもらいました。

 

冬の肩こり・腰痛にさよならするには…


●血行不良をケアすれば体はどんどんラクになる!

毎日の家事や育児、仕事に追われていると、その疲れは肩や腰、首などに集中して、それがこりや痛みに現われます。こりや痛みは、寒い時期は特に慢性化しやすいといわれていますすが、それは、寒さや同じ姿勢による血行不良が原因の一つです。

血行不良を起こさないためにはまず、温めること。日頃の生活の中で、心地よく、効率的に温めて、こりや痛みにさよならしましょう。

 

痛みのスパイラルから脱出するには


●POINT1. 血行不良を起こさないようにする

【画像を見る】血行不良を起こさないよう、重ね着・重ね履きする


日頃から、運動不足にならないように気をつけましょう。また、衣服や下着は重ね着で保温も効果があります。温かい素材のものや、薄い素材のものをうまく組み合わせて重ね着、重ね履きしてください。あまり体を締めつけないようにするのも大切です。

 

●POINT2. 冷やさない習慣をつける

エアコンなどの暖房器具を利用して、冷えない環境をつくることも大事


電車が来るまではホームではなく駅の構内で待つ、冷たい飲み物は避ける、車の移動だけでもはおるものを用意するなど工夫を。エアコンなどの暖房器具のタイマー機能を使って、体だけでなく、部屋を効率的に暖めて、冷えない環境をつくることも大切。

 

●POINT3. 心地よく温める方法を知る

プラス蒸気で温めればラクになる!


乾燥した状態より、蒸気を当てるなど、湿度の高い状態で温めたほうが、深部温度が高まります。最近、スチームアイロンが定番化していることや、短い時間で調理できる圧力鍋が重宝されるのはそのためです。体も同じ。プラス蒸気で温めればよりラクに。

こりや痛みから解放されるには、とにかく温めること。そして、心地よいと感じることがポイント! ぜひ、覚えておいて。

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:福田千晶先生
医学博士、健康科学アドバイザーとして、執筆、講演、テレビ、ラジオ出演等で活躍。

イラスト=カトウミナエ 編集協力=栃木さおり


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //