煮込み時間は3分! 冷凍ポテトフライをアレンジした「かんたん肉じゃが」 画像(1/2) 「かんたん肉じゃが」

日本を代表する家庭料理のひとつ・肉じゃが。甘辛い味つけが特徴で、白いご飯がどんどん進みますよね。しかし煮込む時間などを考えると、時間がないときは「パパッと作れる炒め物でいいか…」と敬遠してしまうことも。そこで今回は、煮込み時間がたった3分でOKの「かんたん肉じゃが」を紹介します。

あっという間に完成する秘密は、冷凍のフライドポテトを使用すること。普通のじゃがいもと違って調理されているので、3分でもじゅうぶんに火が通ります。枝豆も冷凍のものを使えば、めんどうな下ごしらえが必要ありませんよ。


かんたん肉じゃが(1人分403Kcal、塩分3.3g)

【材料・2人分】

牛切り落とし肉 100g、玉ねぎ 1/2個、しらたき 1/2袋(約100g)、冷凍枝豆 10個(正味大さじ2)、冷凍フライドポテト 1/2袋(約200g)、煮汁(水 1と1/2カップ、しょうゆ、みりん 各大さじ3)、サラダ油

【作り方】

1. 玉ねぎは縦薄切りにし、しらたきは水けをきって食べやすい長さに切る。枝豆は水にくぐらせてさやから出す。

2. 深めのフライパン、または鍋に油小さじ2を熱し、牛肉を炒める。色が変わったら玉ねぎを加えて炒め合わせる。

3. 玉ねぎがしんなりしたら、しらたき、煮汁を加えて煮立たせ、フライドポテトを加えて約3分煮る。仕上げに1の枝豆を加え、さっと混ぜる。

煮込み時間は3分! 冷凍ポテトフライをアレンジした「かんたん肉じゃが」 画像(3/2) フライドポテトはあらかじめ火が通っているので、凍ったまま加えても短時間で味がしみる。

牛肉は色鮮やかでつやと弾力があり、脂肪部分はしまりがあるものが新鮮な証拠。黒っぽく変色したものは品質が劣るので、スーパーなどで購入する際は避けた方が無難です。保存するときはラップでぴっちり包んで冷蔵庫に入れ、3日〜1週間を目安に使い切りましょう。