料理の肝となる存在「だし」。一般のご家庭でも自らだしをとって料理を作る人が少なくありません。自分で取っただしも美味しいですが、日常的に使うとしたら簡単かつ本格的なものがあると嬉しいですよね。だしの進化は目ざましいもので、今では“スープ”としても食卓に取り入れることができるようになりました。今回はそのだしを実際に味わえるイベントに直撃します。

自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(1/11) 銀座米料亭 八代目儀兵衛の外観

2018年3月28日(水)、東京都内の銀座にある銀座米料亭 八代目儀兵衛にて、「マギー ヘルシー無添加だしスープ体験会」が行なわれました。

本イベントは、ネスレ日本株式会社が手掛けている調味料ブランド“マギー”の新商品、「マギー ヘルシー無添加だしスープ」2種を味わい、その魅力を体感できる試食イベント。当日は非常に多くの来場者が訪れ、何度かに分けて体験会を行なうほどの盛況っぷりでした。

自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(3/11) マギー ヘルシー無添加だしスープ「かつおだしとチキン」と「こんぶだしと野菜」

体験会では、ネスレ日本食品企画ユニットのマネージャーより、商品概要とイベントについての説明がなされました。今年3月に発売したこの「マギー ヘルシー無添加だしスープ かつおだしとチキン」と「マギー ヘルシー無添加だしスープ こんぶだしと野菜」は、和だしをベースに和と洋の味を融合させることで、 “スープ”という料理に完成させたもの。

自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(6/11) だしスープの魅力を語るネスレ日本の担当者さん

このだしスープを発売した背景には、2013年に「ユネスコ無形文化遺産」としての和食ブームが起こり、国内外問わず本格的なだしを選ぶ人が増えたという現状があるそうです。「健康に長く生きたい」「食で健康を手に入れたい」という意識が高まり、食の安全安心が叫ばれている今、無添加の市場が増えています。煮出すタイプの無添加だしパックもスーパーでたくさん売られていますが、本製品は煮出す必要がなく、お湯を注ぐだけで本格的な無添加の飲む”だしスープ”が味わえるとのこと。

また、日本人の平均的な食生活では1日4グラムの食物繊維が不足しますが、これ1袋で5グラムの食物繊維を摂ることができ、健康バランスも整えてくれます。そんなだしスープを、切っても切れない関係にある和食と合わせたいという思いから、最高の銀シャリで美味しい料理を提供している「銀座米料亭 八代目儀兵衛」とのコラボを実現したそうです。

自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(10/11) 「銀座米料亭 八代目儀兵衛」橋本総料理長

「銀座米料亭 八代目儀兵衛」の橋本総料理長は、このだしスープを「だしを飲む、という文化を作る画期的な商品だと思います」と評価。

和食でありながら洋のエッセンスが入った味わいで、雑味もなく、「プロ顔負けの味」「お店でも使いたいくらいです」と話していました。だしが美味しくないと調味料で誤魔化す必要がありますが、これを使えば、少ない調味料で最高の料理に仕上げることができるそうです。

自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(15/11) 2種類のだし飲み比べセット

体験会では、まず「2種類のだし飲み比べセット」が出されました。ふわっとだしの香りが漂い、参加者全員「美味しい」と絶賛。どちらが好みかは、半々に分かれた様子でした。


自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(21/11) 「春おでん」と「春爛漫 筍とチリメン山椒の炊き込みご飯」
自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(28/11) 「こんぶだしと野菜」を使用した、春おでん
自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(37/11) 「かつおだしとチキン」を使用した、筍とチリメン山椒の炊き込みご飯

続けて「春おでん(こんぶだしと野菜を使用)」「春爛漫 筍とチリメン山椒の炊き込みご飯(かつおだしとチキンを使用)」が提供されました。

それぞれ、各だしスープの特徴を生かしながら、素材の味を最大限に引き出しており、少ない調味料での味付けとは思えない奥深い味わいです。同イベントに参加していた雑誌『レタスクラブ』の読者・レタス隊の皆さんも、「顆粒のだしとは思えない美味しさ」「塩分が少なくても味がきちんとまとまっている」「家でもやってみたいです!」と口々に話しており、いろいろな料理で試してみたいと想像を膨らませていました。


自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(47/11) お土産にいただいた「ヘルシー無添加だしスープ」と八代目儀兵衛のお米「結」セット

今回、お土産として「マギー ヘルシー無添加だしスープ」、そして八代目儀兵衛のお米「結」のセットをいただいたので、家に帰って自分でも料理に使ってみました。

「こんぶだしと野菜」のだしスープを使って、「豚ひき肉と玉ねぎ、パプリカのピラフ」!

豚ひき肉と玉ねぎ、パプリカを炒め、酒と塩胡椒で味付けし、いただいたお米とだしスープとともに炊飯しただけですが、しっかりとした味でありながらもただ濃いわけではない、素材の旨みをしっかりと感じられるピラフに……!

このお手軽さでこの味は、実際に作ってみると感動ものでした。

自分で作っても感動! 料亭の総料理長も「プロ顔負け」と語った“だしスープ”を堪能できるイベント 画像(58/11) 豚ひき肉と玉ねぎ、パプリカのピラフ

この「銀座米料亭 八代目儀兵衛」では、4月9日(月)から2週間、ランチメニューに「だしスープ飲み比べセット」がついてくるそうです。また、4月14日(土)、15日(日)に青山ファーマーズマーケットでも「マギー ヘルシー無添加だしスープ」のイベントが実施されます。この2日間限定でキッチンカーが出動。日本一有名な米炊き職人が考案したメニュー“究極の銀シャリ”おにぎりと、だしスープのマリアージュが無料で味わえる屋外イベントです。会場では自宅でも2種類のだしスープが楽しめるサッシェサンプルの配布も。ぜひあなたもプロ顔負けの味を堪能してみて。


取材・文=月乃雫