皿洗いでアイデアを出す vol.2-4「考えごとで家事を楽しむ」 山崎ナオコーラのエッセイ

雑誌『レタスクラブ』で連載中の山崎ナオコーラさんのエッセイ「考えごとで家事を楽しむ」をレタスクラブニュースでも特別公開!

家事に仕事に子育てに大忙しの毎日。実体験に基づいた言葉で語られるからこその共感や、生活を楽しむためのヒントが隠されています。

vol.2「皿洗いでアイデアを出す」を4回に分けてお届け。今回は第4回目をお送りします。


******


 二年前に食器洗い機を購入したのだが、賃貸マンションの小さい台所なので、小型のものだ。夕食後、全部の食器は入らない。それに、「これは手洗いしよう」と決めている皿もある。たとえば、この連載に挿絵を描いているちえちひろさんは陶芸もやっていて、その皿を何枚か私は所持しており、大事だから手洗いしている。あと、子どもの食器も、なんとなく手で洗っている。フライパンや鍋、大皿など、単体でも入らないものもある。

 食器洗い機は便利なので大好きなのだが、入らない食器があるところも、また魅力なのだ。

 手で洗うべき皿を前に、スポンジを泡立てる。皿をこすり、水で泡を流していると、新しいアイデアが頭に浮かんでくる。

 今日も手を濡らしながら、「また、何かアイデアが浮かんでこないかなあ」とわくわくしている。

(続く)


文=山崎ナオコーラ イラスト=ちえちひろ