今さら聞けないからこそ知りたい! お裁縫の基礎&手縫いのおさらい

#くらし 

“家庭科”の授業以来、縫い物してますか? 針に糸を通して縫うだけなはず…なのに、実は分からないことだらけ。いまさら誰にも聞けないお裁縫の基本を、もう一度おさらいしてみましょう。

これさえあれば、なんとかなる! お裁縫セット


これさえあれば、なんとかなる! 針(絆・普通地用・普通針  5・12本入り)400円、セル待針(普通地用・20本入り)350円/ともにクロバー


●ピンクッション:針の行方不明を防げます

針を使い終わったら、かならずピンクッションに戻す。これを徹底すれば、針をなくしたりすることもありません。

●はさみ:手になじみ、よく切れるものを

お裁縫用のはさみは、紙切りばさみとは別に用意して。 20~23cmくらいの大きさなら、糸や布を切るのに使いやすくおすすめ!

●手縫い糸:白+ もう1色

白い糸のほかに、自分や家族の服や小物の色調に合った色を用意しておけば、ボタンつけやちょっとした繕い物にも安心です。

●手縫い針:少し長めが縫いやすい!

指ぬきを使わずに縫い物をするときは、45㎜前後の少し長めの針のほうが縫いやすい。

●待ち針:一揃いあると安心、便利!

布どうしをずれないように留めるのに使う針。手縫いをきれいに仕上げるためには欠かせません。

手縫いのおさらい


そもそも…玉結びってどうするんだっけ? ふと気づいたら、そんなことすらうろ覚えでアヤシイ…。針と糸が必要なシーンに役立つ基本を、思い出してみて!

【糸通し】糸を斜めに切るのがコツ

【写真を見る】糸通しの手順 その1


1. はさみの刃先を斜めに当てて、糸を切る。

糸通しの手順 その2


2. 針に糸を通す。ひじをテーブルについて針を短めに持ち、左右の指を合わせて固定すると通しやすい。

糸通しはお任せ! デスクスレダー 1700円/クロバー


針に糸が通らな~い!のイライラなし


糸通しが苦手な方におすすめの便利グッズもあります。「デスクスレダー」は、指定どおり針と糸をセットし、レバーを押せば自動で糸が針に通る仕掛けになっています。イライラも、これがあれば一発解消です。

ノッチスルー(6本入り) 335円/ユザワヤ


玉結びの手順 その1


ユザワヤ芸術学院講師・通称「ユザラー」の北島真紀さんのオススメ救済グッズもご紹介。「ノッチスルー(6本入り)」というこの針は、針穴の上があいているので、糸を上からはめる感じで通せます。

【玉結び】針に巻いて作るとラク

玉結びの手順 その2


1. 針に糸を通す。針先を上にして左手に持ち、糸端を右手で持って針の後ろに添える。左手の人さし指と親指で押さえる。

玉結びの手順 その3


2. 糸を針先にくるくる巻きつける(3~4巻きくらい)。

玉結びの手順 その4


3. 巻いた部分を左手で押さえ、緩まないように、糸を手前に引いて巻きを引き締める。

玉結びの手順 その5


4. 左手の指で巻いた糸を押さえながら、右手で針を抜いて糸を引く。

玉結びの手順 その6


5. そのまま糸を最後まで引くと、くるくる巻いた部分が玉結びになる。これなら失敗なし!

【縫い始め】一針返すと丈夫に!

縫い始め その1


1. 上記のように玉結びを作ったら、玉結びが布の裏側にくるように、裏から針を入れて表に出す。

縫い始め その2


2. 一針分右に針を入れ、元の位置から針を出す。これを「返し縫い」といって、縫い始めが丈夫になる。

【糸の長さは?】ひじより少し長めに

糸の長さはこちらを参考に


糸は短すぎても長すぎても縫いづらいもの。針に糸を通して、1本取りでひじより10cmくらい長めを目安に切って。

※実際に縫うときは、布と同系色の糸を使ってください。

あ、そうだった!とおぼろげな記憶が戻ってきた人も多いのでは? いざというとき慌てないために、裁縫セットも今一度中身をチェックしておきましょう!

撮影=村尾香織 取材協力=北島真紀 取材・文=坂本典子 撮影協力=クロバー、ユザワヤ

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:
かわいきみ子さん
手縫い、ミシンソーイング、ニットなど、オールマイティーに活躍。分かりやすい説明が人気で、NHK『すてきにハンドメイド』講師としても活躍。『タオルでつくりたいもの』(地球丸)など著書も多数。

北島真紀さん
ユザワヤ芸術学院講師。手芸グッズの精通ぶりが注目され、「ユザラー」としても活躍中!

【関連サイト】
クロバー
ユザワヤ


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //