5月15日は「ヨーグルトの日」! ヨーグルト好きにはたまらないイベントが開催

#くらし 
ヨーグルトについて深く知れるイベントが開催!


365日いろいろな記念日がありますが、5月15日は「ヨーグルトの日」だって知っていましたか? 今やどのご家庭でもよく食卓に並ぶヨーグルトですが、今回は、ヨーグルトについて詳しく知ることができるイベントについてご紹介していきます。

 

なんで5月15日がヨーグルトの日なの?


ブルガリアの風景


ブルガリアのヨーグルトを世界的に有名にしたのは、ノーベル賞を受賞したイリヤ・メチニコフ博士だと言われています。ブルガリア南部の地方は、昔から長寿の人が多いことで有名な土地柄。ヨーグルトをふんだんに取り入れたブルガリアの生活に着目し、ヨーグルトと長寿の関係を研究していました。そのことがきっかけとなり、この地方のヨーグルトは“長寿食”として世界に知られるようになりました。

しかし、本格的に老化の研究に着手し始めたのは50歳を過ぎたころで、71歳で死去。メチニコフ博士は病床で「ブルガリアのヨーグルトの素晴らしさに気づくのには遅すぎた。もっと早くから食べていれば」と後悔していたといいます。彼の考えが正しかったことは、100年以上経った今になって明らかにされつつあります。そのことから、彼の業績に敬意を込めて、株式会社 明治はメチニコフの誕生日である5月15日をヨーグルトに日と定めました。

そんな「ヨーグルトの日」に、多くの人にヨーグルトの良さを知ってもらいたい。という思いから、明治が一般の方も参加できるイベントを開催します。

 

明治ブルガリアヨーグルト presents ヨーグルトパーク


気になるヨーグルトイベントの内容は…?


■日程:5月11日(金)11:00~19:00、12日(土)、13日(日) 10:00~18:00

■場所:KITTE 1階 アトリウム/南側テラス(東京都千代田区丸の内2丁目7番2号)

以前行なわれたイベントの様子


明治ブルガリアヨーグルトの魅力を改めて実感できる、見て・知って・食べて楽しい体感型イベント。ここでしか体験できない、たくさんのコーナーが設けられています。

今回のイベントで注目したいのは、パッケージの中に入って写真が撮れる、明治ブルガリアヨーグルト型のパッケージフォトスポット! インパクトのあるビジュアルはSNS映え間違いなし。記念に一枚撮っておきたいところですね。

マイパッケージメーカーで作成したオリジナルパッケージの例


また、入力した名前がヨーグルトの名前になるマイパッケージメーカーも見逃せません。専用アプリで好きな名前を入力し、その場でパッケージにしたいものを撮影するだけで、世界に1つだけのオリジナルパッケージを作ることができるコーナー。作ったオリジナルパッケージは持ち帰りが可能で、会場のモニターでも上映されます。ほかにも、ストローで作ったパンパイプで、おなじみのCMサウンドロゴを実際に奏でるワークショップも体験できます。ワークショップで作成した楽器もお土産にできますよ。

「明治ブルガリアヨーグルト なるほど広場」では、ヨーグルトの栄養成分やおいしさの秘密など、意外と知らない豆知識を教えてくれます。発売当初から現在までのパッケージデザインの変遷を紹介するブースも。

家族や友人と楽しめるイベントになっています


さらに気になるのが、3種類の明治のヨーグルトを食べ比べできる“利きヨーグルト”。食べたものがどのヨーグルトか回答カードに記入しましょう。あなたの“ヨーグルト力”を試すチャンス!

前回も多くの人が来場


ヨーグルトについて楽しみながら深く知ることができる、またとない機会。家族や親子、友人とみんなで参加してみてくださいね。

※会場内の写真は昨年度のものを参照しています。

【レタスクラブニュース編集部/PR】

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //