もちもち生地のサンドイッチ⁉ 甘いものが苦手な人も嬉しい「お食事クレープ」 画像(1/2) 「お食事クレープ」

クレープと聞くと、生クリームや好きなフルーツなどをトッピングするスイーツを思い浮かべる人も多いはず。デザート好きにはたまらない食べものですが、甘いものが苦手な人は敬遠してしまいがちですよね。

そこで今回は、クレープをサンドイッチにアレンジした「お食事クレープ」をご紹介。はさむのはハムやゆで卵といったおかず系の食材なので、甘党でない人も安心して食べられます。生地にはバターやヨーグルトの代わりにマヨネーズを使い、しっとり仕上げに。もちもちした食感を活かして、思わずおかわりしたくなるほどおいしいクレープを作りましょう。

お食事クレープ

【材料・作りやすい分量・4人分】

ハム 4枚、ゆで卵 2個、トマト 1個、レタス 2枚(約50g)、生地(卵 1個、マヨネーズ、砂糖 各大さじ2、牛乳 1と1/4カップ、小麦粉 100g、塩、こしょう 各少々)、マヨネーズ

【作り方】

1. 生地を作る。ボウルに卵、マヨネーズ、砂糖を入れ、泡立て器で混ぜる。小麦粉、牛乳を2~3回に分けて交互に加え、そのつど混ぜる。塩、こしょうを加えてさらに混ぜる。

もちもち生地のサンドイッチ⁉ 甘いものが苦手な人も嬉しい「お食事クレープ」 画像(3/2) 溶かしバターやヨーグルトの代わりにマヨを。ただ混ぜるだけで生地はしっとりするので、ねかせなくてもOK。

2. フライパンに油をひかずに熱し、いったんぬれぶきんに当てる。1の生地1/8量を入れ、直径約18cmに広げて、弱火にかける。約2分焼いて表面が乾いてきたら上下を返し、同様に焼き、皿に取り出す。残りも同様に焼き、粗熱をとる。

3. ゆで卵とトマトは5mm厚さの輪切りにし、レタスは食べやすくちぎる。

4. 2のクレープを2枚重ね、マヨネーズを薄くぬり、レタス、トマト、クレープ2枚の順にのせる。同様にマヨネーズを薄くぬり、ゆで卵、クレープ2枚をのせる。さらにマヨネーズを薄くぬり、ハム、クレープ2枚をのせる。手で少し押さえて形を整え、4等分に切る。

(1人分318Kcal、塩分1.0g)

トマトの赤、ゆで卵の黄色、レタスの緑が映え、見た目も鮮やかなクレープです。生野菜の色味や歯ごたえを残すために、生地の粗熱がとれてからサンドするのがポイント。ランチとしてはもちろん、おもてなしの1品としてもおすすめですよ。