洗濯と日向ぼっこ vol.6-2「考えごとで家事を楽しむ」 山崎ナオコーラのエッセイ

#くらし 
山崎ナオコーラさんのエッセイを連載中! 今回はvol.6-2をお届けします


雑誌『レタスクラブ』で連載中の山崎ナオコーラさんのエッセイ「考えごとで家事を楽しむ」をレタスクラブニュースでも特別公開!

家事に仕事に子育てに大忙しの毎日。実体験に基づいた言葉で語られるからこその共感や、生活を楽しむためのヒントが隠されています。

vol.6「洗濯と日向ぼっこ」を4回に分けてお届け。今回は第2回目をお送りします。

******

 いそがしい現代人に日光浴をさせるために、洗濯という家事があるのではないか。

 日曜日の洗濯物干しは、ゆっくりとやる。二歳の子どもも一緒に庭へ出る。

 うちはマンションの一階にあるので、とても小さいが庭が付いている。ただ、賃貸だから、地面に木や花を植えることはできない。すべて、鉢植えかプランターで育てている。子どもの誕生記念樹もプランターに入っている。「いつか、庭付き一戸建てを建てよう。そのとき、地面に植え替えるんだ」と出産後すぐに河津桜を購入し、プランターに植えた。

 しかし、最近、一戸建ての夢は捨てることにした。もう無理だ、と思った。

(続く)

文=山崎ナオコーラ イラスト=ちえちひろ

この記事に共感したら

Information

■著者:山崎ナオコーラ
1978年福岡県生まれ。埼玉県育ち。2004年『人のセックスを笑うな』で作家デビュー。エッセイ『指先からソーダ』『かわいい夫』『母ではなくて、親になる』、小説『美しい距離』、絵本『かわいいおとうさん』(絵ささめやゆき)などの著作がある。目標は「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。
山崎ナオコーラさんのTwitter

「考えごとで家事を楽しむ」は毎週水曜に配信します!
▼掲載話一覧はこちら

※『レタスクラブ』で好評連載中! 最新号では最新話を読むことができます。
▼最新号の詳細・購入はこちら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //