快適に暮らしていくためには、料理・掃除・洗濯・片付けなどの家事は必須。 むしろ、逃れられない作業です。でも「やらないですんだら、うれしい」という人もいると思います。そんな、「好きではないけれど、やらなくてはいけない家事」を、どうすれば効率よく、短い時間で、終わらせることができるのか。

『明日の私を助ける 家事貯金 「忙しい」をなくす少しの工夫』の著者である leaf 河内智美さんは、そのことを徹底的に追求して、浮いた「家事時間」を、自分が家でのんびり過ごすための「家時間」に変えています。家でのんびり休む時間を作る48のアイデアの中から一部を抜粋して、全20回までお届け。今回は第5回目です。

調理が格段にスピードアップ! 作っておきたい「時短ごはんセット」 忙しいをなくす家事貯金術(5)【連載】 画像(1/4) 1週間に3~4セットあると安心

「時短ごはんセット」で材料を忘れず探さず、考えずに調理できる

野菜を切って保存袋に入れておいたのに、使うのを忘れてしまった! そんな痛い失敗をして思いついたのが、下ごしらえをした材料と計量した調味料をひとまとめにして保存袋に入れておく「時短ごはんセット」です。

食材を探したり、冷蔵庫から取り出して切る手間がなくなり、火を通すところからスタートできるので、調理が格段にスピードアップします。「時短ごはんセット」を使えば、こんなレシピだってお手のもの!

調理が格段にスピードアップ! 作っておきたい「時短ごはんセット」 忙しいをなくす家事貯金術(5)【連載】 画像(3/4) 【写真を見る】きのこご飯

きのこご飯

【材料】(作りやすい分量)

好みのきのこ(しめじ、まいたけ、エリンギなど) 2パック、米 2合、水 360~400ml

A:昆布 7cm程度、酒 大さじ1、薄口しょうゆ 大さじ1、塩 小さじ1/3

【セット準備】

食べやすい大きさにしたきのこ、昆布、Aの調味料は瓶に入れ、ひとまとめにして保存袋に入れておく。

【作り方】

1.米を洗い、水とAを炊飯器(炊飯鍋)に入れて30分ほど置いておく。

2.1にきのこ類を入れて炊く。

【Point】

・鍋で炊く場合は、少し長めに炊いて好みのおこげをつけるとおいしい。

調理が格段にスピードアップ! 作っておきたい「時短ごはんセット」 忙しいをなくす家事貯金術(5)【連載】 画像(6/4) とり天とれんこんの甘酢あえ

とり天とれんこんの甘酢あえ

【材料】(2~3人分)

れんこん 1節、鶏むね肉(もも肉でも可) 大1枚、いりごま(白) 適量、片栗粉 適量、酢 適量、サラダオイル 適量

A:酒 大さじ1、ごま油 小さじ1、しょうゆ 小さじ1、塩・こしょう 各少々、片栗粉 大さじ2~3程度、卵黄 1/2個分

B:しょうゆ 大さじ2、砂糖 大さじ2、酢 大さじ1

【セット準備】

1.鶏肉をひと口大の薄めのそぎ切りにする。

2.保存袋に鶏肉とAを入れ、揉み込む。

3.れんこんを洗って皮をむき、1cm幅の半月切りにし、水にさらしてアクを除く。

4.保存容器に新しい水と酢を入れ、れんこんが浸かるようにしておく。

5.Bの調味料を瓶に入れ、ほかの材料と一緒に保存袋に入れておく。

【作り方】

1.フライパンに5ミリ深さのサラダオイルを中火で熱し、鶏肉を 揚げ焼きにする。

2.れんこんはキッチンペーパーで水分を拭いて片栗粉をまぶして揚げ焼きにする。

3.フライパンの油を少し拭いてBを入れ、一煮立ちしたら揚げ焼きにした鶏肉とれんこんを入れてたれをからませる。

4.器に盛り付け、上からごまをかける。

【Point】

・鶏肉を揚げるだけでも、おいしい総菜に。鶏肉の下準備だけをしておき、れんこんは当日用意してもいい。

著=leaf 河内智美