人気ブロガーMizukiさんに教わる! 材料2つ♪の「やみつきチキン」  画像(1/1) お弁当にもおすすめ!「レモンペッパーやみつきチキン」

じっくり手間をかけて作る料理は、もちろんおいしい。でも、主婦はと~っても、忙しい。「毎日のごはん作りに、手をかけていられない!!」のが現実です。

そんな忙しいみなさんのために、たった2つの材料だけで作る、平日の晩ごはんにぴったりな簡単レシピを紹介してくれるのが、月間300万PVを誇る大人気ブロガーのMizukiさん。

料理が苦手な人でも失敗しないように、レシピにはたくさんの工夫が盛り込まれています。


【料理が苦手な人でも失敗しない工夫】

1 用意する食材は、2つだけ

2 フライパン1つでできる

3 「だしをとる」「にんにくをすりおろす」などの面倒な手間を省き、市販の調味料をフル活用

4 焦って失敗したり焦がしたりしないよう、調味料は先に合わせておく

5 炒めるときは、フライパンに油と食材を入れてから、火をつける


フッ素樹脂加工のフライパンを使っている人が多いと思いますが、フッ素樹脂加工は高温で熱すると加工がはがれてしまうので、少量の油と食材を入れてから火をつけるのがオススメ。

くっついたり焦げたりする失敗がなくなる上、食材にゆっくり火が通るから、肉や魚がふっくら仕上がりますよ。

「やみつきおかず」のコンセプトは“簡単”“時短”“節約”“ご飯に合う”だから、子育て中のご家庭にはぴったり。

メインの材料別に、おすすめレシピを全7回紹介します。第1回は、みんな大好き「とりもも肉」を使った10分でできるおかずです。


 

フライパンで10分「レモンペッパーやみつきチキン」

【材料】(2人分)

とりもも肉 1枚(250g)、キャベツ 1/5個(200g)

●合わせておく調味料

にんにくチューブ 3cm、とりがらスープの素 小さじ1/2、粗びき黒こしょう 小さじ1/2、レモン汁 大さじ1、酒 大さじ1、塩 小さじ1/3


【作り方】

1 とり肉は2cm大に切り、●とともにポリ袋に入れて50回以上もむ。キャベツは4cm大に切る。

*ポリ袋にとり肉と調味料を入れて両手でもみます。

*キャベツの芯のかたい部分は小さめに切ります。

2 フッ素樹脂加工のフライパンにとり肉をたれごと入れて、中火にかける。こんがり焼き色がついたら裏返し、キャベツを加えてふたをし、弱めの中火で4分、蒸し焼きにする。

*油なしのフライパンに、たれごと投入します。

3 ふたをはずし、キャベツがしんなりするまで炒め合わせる。


【MEMO】

もも肉以外に、むね肉やささみや手羽でもおいしく作れます。調理に使うレモン汁は、市販のレモン果汁が便利です。にんにくもチューブでOK。春キャベツを使うときは、蒸し焼き時間を1分短くしてくださいね。


調理/Mizuki 撮影/横田裕美子