まいたけを煮出すと脂肪分解効果アップに!? ダイエットをサポートする“3大お助け食材” 画像(1/2) 今夏必見の“3大ラクやせ食材”とは?

薄着になる夏は、ぜい肉が気になる季節。ダイエットに励んでいる人も多いことでしょう。今回は、夏場に試したい話題のダイエット法をご紹介します。

脂肪分解効果がアップする“まいたけ茶”!

今年7月に放送された「得する人損する人」(日本テレビ系)に、夏のダイエットをサポートする“3大ラクやせ食材”が登場しました。

まず紹介された食材は、脂肪分解効果のある“まいたけ”。まいたけダイエットの第一人者である神戸薬科大学の難波宏彰名誉教授は、まいたけを調理して食べるだけでは脂肪分解効果が数分の1しか得られないといいます。難波教授がおススメするのは、まいたけを煮出して作る“まいたけ茶”。

まいたけ茶の作り方は、まいたけ1パックに対して600mlのお湯で30分煮出すだけなので簡単。まいたけ茶でダイエットに挑戦したモデルの向山志穂さんは、その味を「サッパリしてて飲みやすいので続けられると思います!」とコメントしていました。飲みにくい場合は、コーヒー豆をそのまま入れたりアップルティーのティーバッグを入れれば飲みやすくなりますよ。

続いて登場したラクやせ食材は、夏の定番であるスイカ。なんとスイカに“きな粉”をかけるだけで、代謝アップの効果が期待できます。かける量の目安は、スイカ400gに対してきな粉30gほど。またスイカの皮についた白い部分は、代謝を高める成分が赤い部分に比べて2倍も含まれているそう。捨ててしまうのではなくスティック状にカットし、きな粉をまぜた味噌につけて食べる“きな粉スイカもろきゅう”もおススメだとか。

さらに番組にはラクやせ食材として、もち麦が登場しました。もち麦には豊富な食物繊維が含まれており、便秘改善と血糖値を抑える効果が期待できます。もち麦の使い方は、白米2:もち麦1の割合で一緒に炊くだけ。さらに、もち麦とお新香を一緒に食べると便秘解消効果がアップするようです。

簡単に実践できるダイエットテクニックを、早速試した視聴者も多い様子。SNSなどには「まいたけ茶で内臓脂肪とおさらば計画。まいたけ茶、意外といける!」「さっそくスイカ+きな粉を試してみました。美味しすぎるから試してほしい」「もち麦+お新香、知ってから食べ続けてるけど続きそうな気がする! 痩せるために頑張る」といった声が上がっていました。

葉野菜と組み合わせた「もち麦入りグリーンサラダ」

番組ではもち麦ご飯が紹介されていましたが、もち麦のアレンジ方法は様々。ここからは「もち麦入りグリーンサラダ」の作り方をご紹介します。

まいたけを煮出すと脂肪分解効果アップに!? ダイエットをサポートする“3大お助け食材” 画像(3/2) 【関連レシピ】もち麦入りグリーンサラダ

まず鍋に湯を沸かして塩を適量入れ、もち麦を8~10分ゆでましょう。ゆで上がったらザルにあけて、水にさっとさらして水気をきります。フライパンに油をひかずにアーモンドスライスを入れて弱火にかけ、もち麦を色づくまで炒ったら下準備完了。フライパンから取り出して粗熱をとっておきます。

もち麦を冷ましている間にサラダを準備。春菊は葉を摘み、ルッコラ、クレソンはざく切りに。マッシュルームを薄切りにしたら、野菜と合わせてボウルへ投入。もち麦とアーモンドも加えて、オリーブ油を回しかけて混ぜます。その後、パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろし、レモン汁、塩少々を加えてさっと混ぜたらできあがり。

手軽に試せるダイエットテクニックで、理想のボディを手に入れてみてはいかが?