へたも食べられる♪ トマトジュースで簡単調理の「ピーマンの肉詰め」 画像(1/2) 「ピーマンの肉詰めトマトジュース煮」

ピーマンの肉詰めは、きれいな形に仕上げるのが意外と難しいメニュー。火を通している間に肉だねがピーマンからはがれ、気づいた時には“焼きピーマン”と“ミニハンバーグ”に分かれてしまっていた… というのは失敗あるあるですよね。

今回は、「ピーマンの肉詰めトマトジュース煮」をご紹介。種とわたを取り除いたまるごとのピーマンに肉だねを詰めれば、型崩れする心配もありません。オリーブ油で表面を焼きつけたら、トマトジュースとスープでじっくり煮込んででき上がりです。へたまで食べられるほどのやわらか食感をぜひご堪能あれ。

ピーマンの肉詰めトマトジュース煮

【材料・2人分】

ピーマン 大4個、肉だね(とりひき肉 150g、溶き卵 1/2個分、粉チーズ 大さじ2、玉ねぎ 1/2個、パン粉 大さじ2、塩 小さじ1/2、こしょう 少々)、トマトジュース(食塩不使用) 1カップ、スープ(固形スープの素 1/2個、水 1/2カップ)、小麦粉、オリーブ油、砂糖、塩、こしょう、しょうゆ

【作り方】

1. ピーマンはへたの部分をぎりぎりのところで横に切り落とし、切り口のわたがつながっている部分にフォークを差し込んで、種とわたをはずして取り除く。残ったわたも、できるだけ指や菜箸を入れて取り除く。へたはとりおく。肉だねの材料の玉ねぎは5mm角に切り、ほかの材料と合わせて、よく練り混ぜる。

へたも食べられる♪ トマトジュースで簡単調理の「ピーマンの肉詰め」 画像(3/2) フォークを使って種とわたを取り除く。

2. ピーマンの内側に小麦粉を薄くまぶす。肉だねを4等分して、すき間がないようにきっちりと詰め、へたの内側にも小麦粉をまぶし、かぶせてふたをする。残りも同様にする。

3. 小鍋にオリーブ油小さじ2を熱し、2を入れて表面を焼きつけ、トマトジュース、スープの材料、砂糖小さじ1/2、塩小さじ1/4、こしょう少々を加える。沸騰したら弱めの中火にし、オーブン用ペーパーで落としぶたをし、約10分煮込む。仕上げにしょうゆ小さじ1/2を加えてひと煮立ちさせる。器に盛って、好みで粉チーズをふる。

(1人分290Kcal、塩分3.3g、調理時間25分)

肉だねにはうまみ成分が豊富な粉チーズをたっぷり加え、コクとまろやかさをプラスします。肉の味が引き立つ上に、トマトジュースとの相性も抜群。器に盛りつけてからさらにふりかければ、風味が増してよりおいしく感じられるはずですよ。