家族全員が外出中でバラバラ。そんなときに大地震が起きてしまったら!? 屋外で、仕事場や学校でなど、ケース別に対策を考えておきましょう。

家族みんなが外出中に大地震が起きたら

(1)安全な体勢で揺れが収まるまで待機する

大地震! 家族みんなが外出中のときにできる対策4ポイント 画像(1/4) 安全な体勢で 揺れが収まるまで待機する

カバンなどで頭を守り、窓や古いブロック塀などから離れます。屋内ならガラスの破片に注意して安全な場所へ。運転中ならハザードランプを点灯させてゆっくり道路の左側に寄せて停車します。

(2)オフィスや学校にいる場合、むやみに移動せずとどまる

大地震! 家族みんなが外出中のときにできる対策4ポイント 画像(3/4) 【画像を見る】オフィスや学校にいる場合、 むやみに移動せずとどまる

揺れが収まったら、情報収集しつつ、屋外なら公園などの安全な場所へ。車の場合は、道路脇に止めて鍵を残したまま徒歩で避難。オフィスにいる場合、安全なら移動せずその場にとどまって。

(3)家族で話し合っておいた方法で安否を確認し合う

大地震! 家族みんなが外出中のときにできる対策4ポイント 画像(6/4) 家族で話し合っておいた方法で 安否を確認し合う

災害用伝言ダイヤルやSNSなどを利用して家族の安否を確認。子どもが学校や幼稚園にいる場合、無理に迎えに行くと二次災害に遭う危険もあるので、施設に任せるという判断も大切です。

(4)帰宅が困難な場合は、一時滞在施設などを活用

大地震! 家族みんなが外出中のときにできる対策4ポイント 画像(10/4) 帰宅が困難な場合は、 一時滞在施設などを活用

交通機関が止まると帰宅が困難に。屋外にいる場合は、帰宅困難者を受け入れる「一時滞在施設」へ行く方法も。徒歩で帰ることが可能な場合は、「災害時帰宅支援ステーション」を活用して。

イラスト=ナカオテッペイ 撮影=小林祐美 編集協力=オフィス・エール 監修=宮丸みゆき