バジルが爽やか♪ ほっくり「かぼちゃ」を詰め込んだポークソテー 画像(1/2) 「豚のマッシュかぼちゃサンドソテー」

ポークソテーといえば厚切り肉で作るのが定番ですが、たまには雰囲気を変えて薄切り肉でチャレンジしてみましょう。薄切り肉を使う利点は、間に好みの野菜をサンドできること。ジューシーな豚肉と野菜のうまみがマッチして、より奥深い味わいに仕上げられます。

今回は、「豚のマッシュかぼちゃサンドソテー」をご紹介。かぼちゃは電子レンジで加熱後、粗くマッシュしてやわらか食感に。マヨネーズを加えて混ぜ合わせ、ほのかな酸みとコクをプラスします。豚肉で挟んだらオリーブ油で表面をこんがりと焼き上げ、アツアツのうちに召し上がれ。

豚のマッシュかぼちゃサンドソテー

【材料・2人分】

かぼちゃ 1/8個(約250g)、豚しょうが焼き用肉 8枚(約240g)、グリーンリーフ 大3枚、バジル(ドライ) 小さじ1、塩、こしょう、マヨネーズ、オリーブ油

【作り方】

1. かぼちゃは4等分に切って耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約3分加熱する。上下を返してさらに約1分加熱し、竹串を刺してみてすっと通ったらフォークで粗く潰す。塩、こしょう各少々を加えて混ぜ、粗熱をとって、マヨネーズ大さじ2を加えて混ぜる。

2. 豚肉に塩小さじ1/3、こしょう少々をふり、4枚を広げて置く。1を等分にのせて平らにのばし、残りの肉を広げてのせ、軽く押さえる。バジルをふる。

バジルが爽やか♪ ほっくり「かぼちゃ」を詰め込んだポークソテー 画像(3/2) 粗く潰して調味したかぼちゃを肉でサンドする。焼きむらができないよう、かぼちゃは肉の上に平らにのばすとよい。

3. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、2を並べて両面を2分ずつ焼く。器に盛り、グリーンリーフを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分564Kcal、塩分1.6g)

味のアクセントになっているのが、焼く直前にふりかける“バジル”。甘くさわやかな香りとかすかな苦みが特徴のハーブです。生の葉は日持ちしませんが、乾燥タイプなら保存も簡単。さまざまな料理に使えるので、家庭に常備しておくといいかも。