すき焼きみたいなプルコギ!? “すりおろしりんご”が隠し味の「汁だくプルコギ」 画像(1/2) 「汁だくプルコギ」

肉と野菜を同時に食べられ、栄養バランスも抜群の「プルコギ」。砂糖としょうゆをベースにした甘辛味が特徴で、韓国料理ではおなじみの「コチュジャン」や「粉とうがらし」といった香辛料を使わないレシピも多いよう。辛いものが苦手な人でもチャレンジしやすいので、家庭でもぜひ作ってみては?

今回は、「汁だくプルコギ」を紹介しましょう。漬けだれにすりおろしたりんごを加えると、酸みと甘みのバランスがとれた味わいに。牛肉を漬け込み、うまみを吸わせてから加熱するのがポイントです。煮込んだあとは、食材のだしが出たスープごと召し上がれ。

汁だくプルコギ

【材料・3~4人分】

牛切り落とし肉 300g、はるさめ 50g、にら 1/3わ、大根 2㎝(約80g)、にんじん 1/3本、玉ねぎ 1/2個、長ねぎ 1本、エリンギ 2本、漬けだれ(りんご 1/4個、おろしにんにく 1片分、おろししょうが 1かけ分、酒 1/4カップ、しょうゆ 大さじ4、砂糖 大さじ3、ごま油 大さじ1)

【作り方】

1. 漬けだれのりんご以外の材料をボウルに入れ、りんごをすりおろして加える。牛肉を加えてからめ、約10分おく。漬けだれにりんごのすりおろしを加えて、やさしい酸味と甘みをプラス。

2. はるさめはたっぷりの水につけてもどし、水をきって食べやすい長さに切る。にらは5cm長さに切る。大根、にんじんは5cm長さ、1cm幅の短冊切りにし、玉ねぎは1cm幅のくし形切りにする。ねぎは2cm幅の斜め切りにする。エリンギは長さを半分に切り、縦薄切りにする。

3. 鍋にはるさめとにら以外の2を入れ、1を漬けだれごとのせる。はるさめ、にらものせて火にかける。ひと煮立ちしたら、水1~1と1/2カップを加えて再び煮立て、約5分混ぜながら煮る。

(1人分393Kcal、塩分2.7g)

メインディッシュに「プルコギ」を作ったら、副菜も韓国風のメニューでそろえてみましょう。「ナムル」や「チャプチェ」といった料理のほか、「プルコギ」の具材を包む「サンチュ」などを用意すると食卓に統一感が出て◎

すき焼きみたいなプルコギ!? “すりおろしりんご”が隠し味の「汁だくプルコギ」 画像(3/2) 野菜がたっぷり摂れる「プルコギ鍋」もおすすめ!