どんな服をどんな基準で選び、どう着こなすのか。

服選びや着こなしには、良くも悪くもその人のすべてが表れます。

大切なのは、情報に振り回されすぎず、自分に合った自分らしい基準を持つこと。

基本を知ったうえで自分なりの基準があれば、服選びに自信が持てるようになります。

著書累計10万部という、人気ファッションアドバイザーで2児の母でもある日々理子さんによる『色合わせと着こなしの微差で一生おしゃれな人になる』から全20回までお届け。

今回は第14回目です。

「白以外のシャツをそろえておく」色合わせと着こなしの微差で一生おしゃれな人になる(14)【連載】 画像(1/2) 出典:『色合わせと着こなしの微差で一生おしゃれな人になる』

♢♢♢♢♢♢♢♢


「白以外のシャツをそろえておく」色合わせと着こなしの微差で一生おしゃれな人になる(14)【連載】 画像(3/2) 【画像を見る】大人気ファッションアドバイザー&2児の母が教えるおしゃれの絶対法則

(画像左から)カーキシャツ/カーキシャツは私の長年の定番アイテムで、かれこれ3代目。どんなボトムスにも合わせやすく、こなれた雰囲気になります。ピンクシャツ/ピンクのような明るい色に抵抗がある人でも、かっちり感のあるシャツなら取り入れやすいはず。イエローもおすすめです。ストライプシャツ/ネイビー×白のストライプシャツは、オン・オフどちらでも着られる万能アイテム。キリッと格好良く、着るだけでサマになります。水色シャツ/水色は鮮やかさをおさえた色。派手な印象がなく、どんな色とも合わせやすいため、マイベーシックカラーとして活用しています。チェックシャツ/ギンガムチェックシャツは白×黒を選ぶと大人っぽい印象になります。柄が大きいとカジュアルな印象が強くなるのでほど良いものを。


白以外のシャツをそろえておく

シャツと聞いて、まず思い浮かぶのが白シャツという人は多いはず。ただ、白シャツは普段使いするにはエレガント度が高かったり、コンサバテイストに寄りやすかったりするため、私は日常着としてはカラーシャツやストライプシャツを着ることが多いです。特に汎用性が高いのがブルー系のシャツです。着るだけでノーブルな印象になるので、無地やストライプをそろえておくと便利です。きれい色もおすすめ。シャツ特有のシャープな「形」のおかげで、たとえピンクでも甘く見えません。


素材については、骨格がしっかりしている人、筋肉質でハリのある質感の人は、ややハリのあるコットン素材が似合います。一方、やわらかい質感の人は、レーヨンが入った、てろんとしたシャツやブラウスがぴったりです。


著=日々理子