1個2万7000円のハンバーグ? 驚きの進化を遂げるインスタントハンバーグの世界 画像(1/3) 忙しいお母さんにはインスタントハンバーグがおススメ!

嫌いな人はほとんどいない“ハンバーグ”。

家庭でも比較的手間なく作れるため、定番メニューとして活躍してくれますよね。

実はさらにお手軽なインスタントハンバーグも、最近は抜群の美味しさを誇っているそう。


本格的過ぎるインスタントハンバーグの世界

12月11日に放送された「マツコの知らない世界」(TBS系)には、年間400個のハンバーグを食べるという松島和之さんが登場。

驚きの進化を遂げているインスタントハンバーグの世界を教えてくれました。


全国では、およそ200種類以上のインスタントハンバーグが覇権を争っています。

しかしスーパーなどで見かけるのは、大手食品会社から発売されている3~4種類程度。

松島さんはこの現状に対し、「どれも同じ味だと思われている」と憤慨しているよう。


そこで今回、松島さんは知られざる絶品インスタントハンバーグの数々を紹介。

まずは伊藤ハムの「旨包ボリュームリッチハンバーグ」と日本ハムの「極み焼ハンバーグステーキ」から見ていきましょう。

松島さんが“強すぎる2社の王道ハンバーグ”と評する2つのハンバーグは、食肉売り上げの1位と2位を争う超人気商品です。

実食したマツコ・デラックスさん曰く、「旨包」が甘めで「極み焼」が苦めとのこと。


お次は人生で一度は食べたい超最高級バーグ「シャトーブリアンプレミアムハンバーグ」。

松島さんに肉汁・肉感・ソース全てが5つ星と言わしめる同商品は、2個入りでなんと5万4000円です。

1頭の牛から600gしかとれない希少部位を贅沢に使用し、5年かけて作ったという企業秘密のソースも付属。

注文が入ると職人が1つずつ手作りするそうで、正にインスタントハンバーグの常識を覆す逸品でしょう。


しかし庶民感覚の強いマツコさんは、あまりの値段の高さに納得がいかないようす。

「いや、美味しいと思うよ。お金に余裕のある方は買ってみて」と投げやりな感想を残していました。


番組を見ていた視聴者からは、「1個2万7000円か… 一生のうちに一度は食べてみたいな」「そもそもシャトーブリアンを食べたことがない。庶民の夢が詰まったハンバーグだね」「インスタントハンバーグの世界が本格的過ぎて驚く」と反響の声が上がっています。


何個でも食べたくなってしまう「ゴールデンハンバーグ」

ハンバーグといえば、ひと手間加えるだけで様々なコンセプトに仕立てられる万能料理。

ここからは、家庭で作れるこだわりハンバーグのレシピを紹介していきましょう。

1個2万7000円のハンバーグ? 驚きの進化を遂げるインスタントハンバーグの世界 画像(3/3) 【関連レシピ】ゴールデンハンバーグ

まずは「ゴールデンハンバーグ」。

にんにくバター醤油味が食欲を刺激する本格的なハンバーグです。

ソースを作るため、にんにくのみじん切りやカレー粉、バター、醤油を用意してください。

そしてフライパンにバター10gとにんにくを入れ、弱火で炒めます。

香りが立って薄く色づいたら、さらにバター10gとしょうゆ大さじ2杯を追加。

ひと煮立ちさせた後は、ハンバーグにかけて完成です。


豆腐と寒天が決め手の「ヘルシーハンバーグ」

1個2万7000円のハンバーグ? 驚きの進化を遂げるインスタントハンバーグの世界 画像(6/3) ヘルシーハンバーグ

お次は「ヘルシーハンバーグ」。

こちらは低カロリーながら食べ応え抜群のハンバーグです。

特徴はタネに使うもめん豆腐と糸寒天。

はじめに豆腐の水を切り、寒天は細かく刻みます。

ボウルの中で豆腐を粗くつぶし、水気を絞った寒天、玉ねぎなどを入れてください。

ひき肉の量が多いとカロリーが高くなるので、ひき肉を減らして豆腐を使っています。

また寒天を加えたことで、焼き上がりもジューシーに。


ハンバーグはアレンジメニューも豊富です。興味のある人はぜひチェックしてみてください。