古今東西100人の天才たちが実践していた「習慣」から、その成功法則を導き出せ!芸術家やアスリート、学者に起業家など、歴史に名を残す「超一流」の天才たちが実践していた「習慣」から、彼らの人生哲学やマイルールを読み解きます。すぐに真似できる「習慣」で、今日からあなたも目指せ天才!

※この記事は『すぐに真似できる天才たちの習慣』(KADOKAWA)からの抜粋です。


「『もっとも不機嫌なお客様』の意見に耳を傾ける」ビル・ゲイツ 天才の習慣(3)【連載】 画像(1/1) 「『もっとも不機嫌なお客様』の意見に耳を傾ける」ビル・ゲイツ 天才の習慣

「もっとも不機嫌なカスタマー」からビジネスを学ぶ

【ビル・ゲイツ Bill Gates】

(1955 ~ )アメリカ生まれの実業家。マイクロソフトを築き上げたカリスマ起業家。


ビル・ゲイツは、成功を祝うのもいいが、失敗の教えに耳を傾けることがもっとも大切だといっています。たとえば皆さんが顧客対応の仕事を担当しているとして、機嫌の悪いお客様(彼曰く「もっとも不機嫌なカスタマー」)こそ、学び取ることが多い存在だといえます。彼は青年の頃、シアトル市にデバイスを売り込もうとプレゼンするもデモが動かず、大失敗した経験をしています。



【プラスα】自分で考えたアイディアは笑われてもいい

彼は、「自分が出したアイディアは、少なくとも1回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとはいえない」といっています。確かに、私たちが普段見慣れているプロダクト(商品)であれば、感情が揺さぶられることはありません。ビル・ゲイツの言葉は「挑戦」への心構えを教えてくれます。