お好み焼きの定番・豚玉をご飯の上に再現しちゃった!? 食べごたえも抜群な「お好み丼」 画像(1/2) 「お好み丼」

お好み焼きの定番・豚玉は、キャベツの甘みと肉のうまみを同時に味わえるメニュー。おいしさはピカイチですが、山いもをすりおろしたりだし汁を準備したりと、生地を作るのが面倒になることも。そんな時は、豚玉をどんぶりで再現した「お好み丼」を作ってみてはいかが?

香りよく作るため、豚肉を炒める時はしょうがのせん切りを加えましょう。肉の色が変わったところでキャベツを加え、塩、こしょうで味つけ。しんなりしたら中濃ソースをなじませ、味全体をまとめればでき上がりです。休日ランチはもちろん、家飲みのシメとしても活用してくださいね。

お好み丼

【材料・2人分】

豚こま切れ肉 150g、キャベツ 2枚、しょうがのせん切り 1/2かけ分、紅しょうが、青のり 各適宜、温かいご飯 茶碗2杯分、揚げ玉 大さじ2、サラダ油、塩、こしょう、中濃ソース

【作り方】

1. キャベツは1cm幅に切る。

2. フライパンに油大さじ1を熱し、しょうが、豚肉を入れて炒める。豚肉の色が変わったらキャベツを加えて、塩、こしょう各少々をふり、しんなりしたら中濃ソース大さじ2~3を加えて調味する。

3. 器にご飯を盛って2をのせ、揚げ玉を散らして青のりをふり、紅しょうがを添える。

(1人分522Kcal、塩分2.1g)

器に盛りつけてから揚げ玉と青のり、紅しょうがをトッピングすれば、よりいっそうお好み焼き風の仕上がりに。パンチのある味を求めるなら、紅しょうがを多めにのせるといいかもしれません。そのまま食べても、混ぜて具材の一体感を楽しんでもOKですよ。

お好み焼きの定番・豚玉をご飯の上に再現しちゃった!? 食べごたえも抜群な「お好み丼」 画像(3/2) 「お好み焼き風キャベ卵丼」なら卵も加えてさらにリッチ!