特化型の商品続出で戦国時代突入!? 進化する最新ピーラー事情 画像(1/3) 特化型ピーラーで料理がさらに簡単に!

めんどくさい野菜の皮むきを簡単にする調理器具“ピーラー”。

実は多数の商品が販売されており、戦国時代を迎えていることは知っていますか?

野菜だけでなくさまざまな食材に特化した最新ピーラーの世界を、この機会に覗いていきましょう。


魚をピーラーで調理する!?

3月15日放送の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)では、最新ピーラーの数々を紹介。

浅草・かっぱ橋道具街に店を構える「飯田屋」6代目の飯田結太さんは、この2~3年で進化型ピーラーが続々発売されているとコメントしています。


まず登場したのは、ピーラーの刃の部分にさらに縦に刃をつけた下村工業の「スピードキンピラピーラー」。

その名の通りきんぴら専用のピーラーで、普通のピーラーのように使うことで食材を3mmにカットすることが可能です。

実際に使ってみたゲストの菊地亜美さんも、「えっ すごい!」と驚愕していました。


貝印の「小魚三枚おろしピーラー」は、えらあたりから刃を差し込むだけで魚を3枚におろせる商品。

これには視聴者からも「料理が苦手な私でも簡単に魚がおろせる!」「めちゃくちゃ便利そうで今すぐほしい」「魚おろすのってちょっとハードル高いから、こういう器具があると魚料理に挑戦しやすくていいよね」といった声が。


キッチン用品などを販売する「ののじ」の「ワッフルピーラー」は、十字にカットすることで切った食材が網目状に。

料理の飾りやサラダなどに使えば、SNS映えもばっちりです!


また下村工業の「カニピーラー」は、硬いかにの甲羅がするっと剥ける優れもの。

刃がかにの足にフィットするようカーブしているため、簡単に甲羅を剥くことができますよ。


薄切りだから食べやすい「ひらひらにんじんのカレーマリネ」

番組ではさまざまな食材に特化したピーラーが紹介されましたが、どの家庭にもある一般的なピーラーにもいいところは盛りだくさん。

今回は一般的なピーラーを活用して作る簡単副菜の作り方をみていきましょう。

特化型の商品続出で戦国時代突入!? 進化する最新ピーラー事情 画像(3/3) 【関連レシピ】ひらひらにんじんのカレーマリネ

「ひらひらにんじんのカレーマリネ」は、まずピーラーでにんじんを帯状にカットしていきます。

次に耐熱ボウルに入れてオリーブ油を加え、ラップをかけて電子レンジで約1分30秒加熱。

おろしにんにく・カレー粉・酢・はちみつ・塩・こしょうを、加熱したにんじんに加えたら完成です。

好みで粗びきこしょうをふるのもGOOD。


華やかな見た目の「ズッキーニのひらひらサラダ」

特化型の商品続出で戦国時代突入!? 進化する最新ピーラー事情 画像(6/3) ズッキーニのひらひらサラダ

おもてなしにもぴったりの「ズッキーニのひらひらサラダ」は、まずピーラーでズッキーニを縦に薄くそいでいきます。

ゆで卵は縦横半分にカット。

湯にズッキーニを入れてざっと混ぜ、約3秒たったらざるにあげましょう。

用意しておいた氷水でズッキーニを冷やして水けをきったら、昆布茶・オリーブ油・酢・塩で作ったドレッシングと混ぜてください。

ゆで卵も投入し、最後にこしょうを少々ふったらできあがり。

ズッキーニを氷水にさらすことで、シャキッとした食感が楽しめますよ。


毎日の食卓をさまざまな方法で助けてくれる“ピーラー”。最新のピーラーをゲットすれば、料理がより楽しくなるかもしれませんね。