子どもの頃に食べた味…! 卵感たっぷりのやさしいおいしさ「なつかしプリン」 画像(1/5) シンプルだけれど卵感たっぷりな味わい

ひんやりデザートがおいしい季節。おしゃれなスイーツもいいけれど、今日はやさしい味わいのプリンを作ってみませんか? シンプルなレシピですが、卵感いっぱいの味わいはどこかなつかしく、子どもの頃の思い出がよみがえってくるよう。卵と牛乳、砂糖さえあれば作れるので、お買い物に行く手間も不要です。使用する型はプリン型のほか、耐熱のカップなどでもOK。カップの厚みなどによって加熱が足りない場合もあるので、様子を見ながら加熱してくださいね。


なつかしプリン

【材料】(直径5.5×高さ5cmのプリン型4個分)

プリン生地(卵 2個、牛乳 1カップ、砂糖 40g)、カラメルソース(砂糖 20g、水 小さじ1、湯 小さじ1)


【作り方】

1.小鍋に砂糖、水を入れて火にかける。時々鍋を揺すりながら砂糖を溶かし、カラメル色になったら弱火にし、湯を加え(湯がはねることがあるので注意して)、全体が均一に溶けたら型に等分に流し入れる。

子どもの頃に食べた味…! 卵感たっぷりのやさしいおいしさ「なつかしプリン」 画像(3/5) 小鍋に砂糖、水を入れて火にかけ、カラメルソースを作る

2.牛乳は小鍋に入れて火にかけ、まわりがフツフツし始めたら火を止める。ボウルに卵を割り入れ、卵白のコシを切るように泡立て器でしっかりほぐし、砂糖を加えてよく混ぜる。砂糖が溶けたら温めた牛乳を少しずつ加えながら静かに混ぜ、ざるでこしての1の型に等分に流し入れる。

子どもの頃に食べた味…! 卵感たっぷりのやさしいおいしさ「なつかしプリン」 画像(6/5) 卵白のコシを切るように泡立て器でしっかりほぐす

3.直径20cmの鍋に水3カップを入れ、ふたをして火にかけ、5~6分して沸騰したら火を止める。ペーパータオルを折って敷き、2を入れ、ふたをほんの少しずらして弱火にかける。3分ほど蒸し、表面がふるっとしたらふたを閉じて火を止め、10分おいて取り出す(熱いので注意)。粗熱をとり、冷蔵庫で1時間以上冷やす。※型からきれいにはずすには、プリンの表面のまわりを指で押して型からはがし、型の内側にペティナイフをぐるりと入れる。皿をかぶせて返し、上下に揺すって型からはずす。

(1個分130kcal)

子どもの頃に食べた味…! 卵感たっぷりのやさしいおいしさ「なつかしプリン」 画像(10/5) プリンの表面のまわりを指で押して型からはがし、型の内側にナイフをぐるりと入れると型からきれいにはずせる