梅雨も明けて、本格的な夏がやってきました。じめじめとした季節が過ぎ去るのは嬉しいことですが、暑い季節は気力も体力も食欲も落ちがちです。そんな暑い日に食べたい、とっても美味しそうなレシピを発見しました。『3分クッキング』8月号の特集「一山6個なすを食べきる!」に掲載されている、「揚げなすと鶏肉のしょうがおろし煮」。


鶏肉は揚げてありますが、大根おろしとおろし生姜、みょうががたっぷりで、なすが4つも入っています。口に入れた時のジューシーさとみずみずしさを想像すると、思わずよだれが出てきそう…! 気になったので、早速作ってみました。

大根おろしとみょうがでさっぱりと♪「揚げなすと鶏肉のしょうがおろし煮」 画像(2/2) 【画像を見る】しょうが風味が食欲をそそる「揚げなすと鶏肉のしょうがおろし煮」

しょうが風味が食欲をそそる「揚げなすと鶏肉のしょうがおろし煮」


▶材料(4人分)

なす…4個

鶏胸肉(皮なし)…(大)1枚(300g)

 (塩小さじ1/2 酒小さじ2 片栗粉適量)

みょうが…3~4個

おろししょうが…小さじ2

おろしだれ

 だし汁…2カップ

 しょうゆ、みりん…各小さじ2

 大根おろし…10cm分

●油


▶作り方

1、 なすはヘタを斜めにそいで縞目に皮をむき、4つ割にする。みょうがは縦半分に切る。鶏肉は1cm厚さのそぎ切りにし、塩、酒をもみ込む。

2、 油を180℃に熱し、みょうが、なすを色よく素揚げにする。鶏肉の汁気をきって片栗粉を薄くまぶし、色よく揚げる。

3、 鍋におろしだれのだし汁を煮立て、しょうゆ、みりんを加え、大根おろしの水気を軽くきって加える。2を加えてひと煮立ちさせ、器に盛ってしょうがを所々に散らす。



なすやみょうがを事前に素揚げしていることで、さっと煮るだけで汁気をたっぷりと吸って、食べた瞬間うまみがじゅわっと広がります。基本は揚げ物ですが重さは感じないので、疲れた時でも胃もたれすることもなさそうです。


また、余った分を冷蔵庫で保存したので冷たいまま食べたのですが、暑い日はこの冷たい状態で食べるのもとってもオススメ!少し置くことでより味がなじみ、火照った体にひんやりと染み渡ります。出来立てでも冷やしても美味しい「揚げなすと鶏肉のしょうがおろし煮」、この夏の定番メニューにいかがですか?



調理、文=きこなび(月乃雫)