「私はアンタの家政婦じゃない!」って言いたいけれど ただの主婦が東大目指してみた(6)

#くらし 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

赤ちゃんがいたら、昼まで寝るわけないじゃん。

他人が関係するなら、わたしのひどい怠惰もさすがに立ち上がるよ。

ちゃーくん、じゃあ俺はって……あなた、大人じゃないの。

ちゃーくんは、自分で起きて

【画像を見る】ただの主婦が東大目指してみた


全部自分でできるじゃないの。

赤ちゃんとちゃーくんを、同じ土俵で考えるのはちょっとおかしいよ。

まさしく今がドラマとかでよく見る、例の言葉を使うタイミングだ。

いい加減にして!


……

っていうセリフは、しっかり家事をやってたり、子育てをしていたり、フルタイムの共働きだからこそ言える言葉であって、

家でできる、収入の不安定な仕事しかしてなくて、仕事量もフルタイムのお仕事とは比べ物にならないし、好きでやってるだけだ。

その仕事が続けられるのも、ちゃーくんが大黒柱となって、うちのベーシックインカムを稼いでくれてるおかげ。

だからわたしは、なんにも言えない。

言える立場じゃない。

「ちゃーくん」

この記事に共感したら

Information

『ただの主婦が東大目指してみた』▶掲載話一覧はこちら

『ただの主婦が東大目指してみた』
ブログ「ただの主婦が東大目指してみた」から生まれた書籍も好評! 完全描き下ろしコミック&テキストのノンフィクション。

▼amazon▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子▼

著者:ただっち
現役・東大院生。英語学習カウンセラー。ブログ『ただの主婦が東大目指してみた』が、開始後5ヶ月で1日最高28万PV、月間450万PVを記録。結婚を機に専業主婦になったものの、東大大学院の受験を決意。著書に『ただの主婦が東大目指してみた』(フォレスト出版)、『東大「ずる勉」英語 〜3ヶ月で赤門くぐった「超効率」学習法〜』(ぱる出版)。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //