セルフネイル「基本のドット」は、アレ1本で簡単に!

セルフネイルの基本デザインといえば、ドット。でも、意外に上手にできない!と悩んでいる人も多いのでは? 「身近なグッズを使うといいですよ」と教えてくれたのは、人気ブロガー・しずくさん。そのグッズとは「つまようじ」!

【基本のドット】

「ドット専用の棒がなくても、つまようじでも OK。私はいつも爪の先から描き始め、爪全体にまんべんなく広がるように描きます。つまようじにマニキュアがつきすぎると、ドットが大きくなってしまうので、ときどきキッチンペーパーできれいにふき取りながら描くとうまくいきますよ」。

<使うアイテムはこれ!>

マニキュア/マットホワイト(AT 濃密グラマラスネイルエナメル 21)、ミルキーピンク(TM マニキュアB 1404)

その他/いらない紙1枚、つまようじ1本、キッチンペーパー1枚

<HOW TO NAIL>

1.薬指はマットホワイト、残りの指はミルキーピンクを二度塗りする。

2.マットホワイトをいらない紙に出す。お弁当用のおかずカップなど、マニキュアがしみないものを使います。

3.1が乾いたら2をつまようじの頭につけ、爪の先端に直角にあてドットを描く。

4.3の下に直線上に並ぶよう、等間隔に2個ドットを描く。

5.4のドットの右側に、等間隔に2個ドットを描く。同様に、左側にも等間隔に2個ドットを描く。

6.1本分描いたら、キッチンペーパーでつまようじについたマニキュアをふき取る。薬指にはミルキーピンクでドットを描く。

※紹介している商品は、先に発行した書籍の発行時点のものであり、現在取り扱いしていない場合があります。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】