クリスマスやおつまみに役立つ、外はカリッで中身はトロトロ~の絶品「焼きチーズ」作ろう
これが「焼きロッピー」! こんがりキツネ色でおいしそう♪

チーズをフライパンやホットプレートで焼くと、外はカリッで中身はトロトロ~。おつまみにもおやつにも嬉しい「焼きチーズ」はチーズの楽しい食べ方のひとつですが、6ピースにカットされた「6Pチーズ」(雪印メグミルク)では、「焼きロッピー」(焼き6Pチーズの略?)、「つくロッピー」を提案中。


「焼きロッピー」は6Pチーズをフライパンで焼いてしょうゆを垂らし、のりをのせたもの。寒くなる季節においしくなること必至!

「つくロッピー」は、そのままの6Pチーズに他食材を組み合わせて、動物の形やオリジナルキャラを作る"デコチーズ"のこと。サイト上には粒コーンとのりをのせたキツネや、ごまやナッツでつくった魔王など、楽しいチーズ写真がいっぱい。「焼き」も「つく」も、ホームパーティにすぐ役立ちそうなかわいいビジュアル。


なお「焼きロッピー」を専用器具でより手軽においしく作りたい、という人は12月1日(木)~2017年2月28日(火)の「ユッキーナママと焼ッキーナをつくロッピー」キャンペーンに応募を。タレントの「ユッキーナ」こと木下優樹菜さんが登場し、6Pチーズのパッケージを模した専用のホットプレート「焼きロッピーメーカー」が1000名様に当たるそう。


商品パッケージそのまんまのデザインが楽しい専用ホットプレートは、皆で焼きながらワイワイ食べると最高に楽しめそう。冬のおうちごはんやささっとおつまみ、ホームパーティがさらに楽しくなるオリジナルグッズ、おいしいチーズを食べながら手に入れちゃおう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】