絶対行ってみたい!イルミネーションBEST5
寒いからこそイルミネーションがもっと輝く! 芸術作品ともいえる第3位『さっぽろホワイトイルミネーション』。

空気が澄む冬は夜空の星も綺麗だが、夜の街を彩る星、イルミネーションも輝きを増す。今や日本中で行われ、たくさんの人が楽しみにしている冬のイベント、イルミネーション。ぜひ見に行きたいが、どこへ行くべきかお悩みの方、日本最大級の宿やホテルの予約サイトとして人気の「じゃらんnet」が発表した「行ってみたいイルミネーションBEST5」を参考にしてみては?

じゃらんnet が2016年9月30日から11月1日の間、国内に住んでいる10代から60代以上男女を対象に行ったアンケート「今年行ってみたいイルミネーション」を基にしたこのランキング。第1位に選ばれたのは長崎県『ハウステンボス「光の王国」』(開催中〜2017年5月7日)。1,300万球が輝き、今年の目玉は全長13mの巨大な「光のドラゴンロボット」で、なんと口から火を噴く。第2位は北海道の『はこだてクリスマスファンタジー』(2016年12月1日〜12月25日)。カナダから届く巨大ツリーがライトアップされ、雪に覆われた函館山や赤レンガ倉庫群を彩る。第3位は同率で北海道の『さっぽろホワイトイルミネーション』(開催中〜12月25日)と、兵庫県の『神戸ルミナリエ』(2016年12月2日〜12月11日)が選ばれ、第5位は三重県の『なばなの里「イルミネーション」』がランクインした。

ただライトアップされるだけでなく、さまざまな技術と工夫が凝らされ、見るだけでなく体験できるものも登場したイルミネーションスポットに一度足を運んでみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】