11月23日は「お赤飯の日」!人気パワスポで無料でもらえるサービスも
お赤飯はもともと縁起のいいものとされているけれど、それが明治神宮で配られるとなると、さらにいいことがありそうな気配!?

神仏にお参りするとリフレッシュできたりすることから、「神社に行くのが好き」という女子は以外と少なくないもの。これからの時期は年明けの「初詣」という大きなイベントが待っているけどその前に、11月23日の「勤労感謝の日」に足を運ぶと、実はいいことがあるのだとか!?


パワースポット流行で注目を集めた東京・原宿の「明治神宮」では、参道の文化会館脇で11月23日に「お赤飯の無料配布」を実施予定(※数量限定)。実はこれ、11月23日が「お赤飯の日」でもあることから「赤飯文化啓発協会」が企画したもの。古くは皇極天皇(642年在位)の時代より、11月23日の「新嘗祭(にいなめさい)」にお赤飯の起源といわれる赤米などの五穀を、その年の収穫に感謝を込めて奉納したという歴史があり、今でも、11月23日に全国各地で五穀を奉る伝統が継承されているのだとか。


何となく「休日」くらいにしか思っていなかった勤労感謝の日も、歴史を感じられる場所でもらったハレの日の食物(=お赤飯)を食べれば、家族や周りの人への感謝の気持ちが高まりそう。当日は、お赤飯の配布のほか、原料であるもち米、小豆、小豆の煮汁などの展示や、お赤飯の歴史の紹介なども行われるよう。明治神宮は都心にありながら自然が豊かな癒しスポット。本格的な冬が訪れる前のお散歩がてら、足を運んでみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】