白いご飯のお供になる夕飯レシピ「和風ロールキャベツ」 画像(1/2) からし酢みそをかけて

寒~い夜に、コトコト煮込んだロールキャベツはうれしいごちそう! さらに、いつもの洋風味を白いご飯にも合う和風味にアレンジしたら、家族も喜ぶこと間違いなしです。肉だねにとりひき肉を使うので、カロリー控えめもうれしい。からし酢みそと相性ばっちりのおいしさを楽しんで。


【和風ロールキャベツ】(1人分267Kcal、塩分2.5g、調理時間25分)


<材料・2人分>肉だね(とりひき肉200g、しょうがのみじん切り小さじ1、酒・片栗粉・水各大さじ1、塩少々)、キャベツ120g、かぶ(葉つき)140g、煮汁(だし汁1 1/2カップ、酒・しょうゆ・みりん各大さじ1)、からし酢みそ(みそ大さじ2、酢・砂糖各大さじ1、練りがらし小さじ1/2、水小さじ1)、小麦粉


作り方

1.キャベツは軸の厚い部分をそぎ、そぎ取った部分はとりおく。葉と軸の向きが交互になるように重ね、ラップに包んで、電子レンジで約2分加熱する。ラップをはずして粗熱をとる。かぶは茎を2cm残して葉を落とし、四つ割りにする。ボウルに肉だねの材料を入れ、そぎ取ったキャベツの軸の部分をみじん切りにして加え、よく練り混ぜる。

2.キャベツ1枚を軸側を手前にして置き、小麦粉適量をふり、1の肉だねの1/4量をのせる。キャベツの手前を内側に折り、左右を折り込んで、くるくるとしっかり巻く。同様にしてあと3個作る。

3.鍋に煮汁を入れ、2を巻き終わりを下にして並べ入れる。火にかけて煮立ったら弱めの中火にし、ふたを少しずらしてのせ、約5分煮る。かぶを加え、再びふたをずらしてのせ、さらに約10分煮る。器に盛り、からし酢みそを混ぜ合わせてかける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】