【味付けに自信】プロが伝授「〇〇使い」がコクアップの秘訣な、基本の「野菜スープ」

味つけに自信がない、と悩んでいませんか? 特に、基本とされる料理の味がイマイチだとつらいものが。でも、大丈夫! 料理研究家の重信初江さんが、そんなお悩みをズバリ解決してくれます。たとえば、洋食の基本「野菜スープ」の場合は……?

Q 野菜スープのコクが足りない気がします

A 多めのオリーブ油で、よく炒めればコクがアップ

ベーコンなどを加えるのも手ですが、たっぷりのオリーブ油と少量の塩を加え、野菜をじっくり炒めると、野菜のうまみや甘みが抽出。野菜だけでもおいしいスープになります。「オリーブ油も調味料だと考え、多めに使いましょう」。

【野菜のうまみをしっかり抽出!じっくりミネストローネ】1人分178kcal、塩分1.7g

<材料・2人分>玉ねぎ1/4個、赤パプリカ1/4個、キャベツ200g、にんじん1/6本、かぶ2個、トマト1個、オリーブ油、塩、こしょう

<作り方>

1.玉ねぎ、パプリカ、キャベツは1cm四方に切り、残りの野菜は1cm角に切る。

2.鍋にオリーブ油大さじ2を入れ、キャベツとトマト以外の野菜を加えて弱火にかけ、塩小さじ1/4をふって7~8分炒める。野菜につやが出て、やわらかくなってきたらキャベツとトマトを加え、塩小さじ1/4をふってさらに全体がしんなりするまで3~4分炒める。

3.水3カップを加えて中火にし、4~5分煮てアクが出たら除く。塩、こしょうで味をととのえる。

これからの季節、ぜひマスターしたいコツ&レシピです。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】