ウォークインクローゼットの「汚部屋」状態。パイプハンガーの“すっきり”をプロが指南

部屋を片づける時間がなくて、気がついたら家じゅう「汚部屋」状態に……という大河内えりなさん(仮名)。片づけのプロ・中山真由美さんの指導のもと、改造に取り組んでいます。ごちゃついていたウォークインクローゼットをすっきりさせたと聞いて、まずはびっしり服が掛かっていたパイプハンガーのビフォーアフターを拝見しました。

【ウォークインクローゼット:ハンガーパイプ】

●ビフォーは……

ビニールを掛けて大事にしまっているようで、実は何年も着ていない戦力外の服ばかり。夫婦の服が混在し、分かりにくい状態。

●アフターは……

着ていないけれど処分できなかった服を一掃。ほこりを吸着してしまうビニール袋も外してすっきり。丈の長い服を掛けることもある妻は上段、夫は下段とエリアを分けて収納。空間をつくってつるすことで空気が通りやすくなり、ほこりもつきにくい。

これで洋服がシワになることも解消できます!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】