NY発「朝食の女王」サラベスが名古屋モーニング戦争に参戦

名古屋といえば、コーヒーを頼むだけでトーストやゆで卵が付いてくる、豪華でお得なモーニング文化が有名ですね。2017年、そのモーニングの聖地へ朝食ブームに火を付けた「NYの名店」が上陸します。名古屋で新たなモーニング体験をしませんか?

2017年4月17日、国内5店舗目となる「サラベス名古屋店」がオープンします。出店場所は、名古屋駅に直結する高層複合ビル「JRゲートタワー」内の商業施設「タカシマヤ ゲートタワーモール」1階で、施設と同日オープンの予定です。(東京に3店舗<東京店、ルミネ新宿店、アトレ品川店>、大阪にも1店舗を展開中)

「サラベス」といえば、エッグベネディクトやパンケーキブームを日本に巻き起こした行列店として、ご存じの女性も多いはず。1981年にNYのアッパーウエストサイドに1号店をオープン以来、世界中のグルメを虜にしてきました。エッグベネディクトやフレンチトーストといった朝食メニューが定番で、NYでは「朝食の女王」と称されています。

もちろん日本のお店でも、「サラベス」自慢の名物料理がアレコレ堪能できます。「クラシックエッグベネディクト」1450円(税込み)や、「レモンリコッタパンケーキ」1450円(税込み)など、ヘルシーでリッチ、見た目も可愛いメニューの数々が女性の心をつかんで離しません。

今回、サラベス初出店となる名古屋は、言わずと知れたモーニングサービス激戦区。でも、NYの朝食を代表する「サラベス」なら、モーニングにうるさい名古屋の人々もきっと魅了してしまうはず? 名古屋店では、定番の朝食メニューに加え、ランチやディナー、アルコール類も充実させるそうなので、新たなサラベスの魅力にも出会えそうです。!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】