【季節のレシピ】鍋だけではもったいない!旬の食材で作る「白菜のラザニア」 画像(1/1) 濃厚なソースと白菜がぴったりマッチ
濃厚なソースと白菜がぴったりマッチ

調理=藤野嘉子 撮影=吉田篤史

白菜の使い道は、鍋だけではもったいない! 白菜を洋風にアレンジした「白菜のラザニア」で、新しいおいしさを体験して。ラザニアのパスタに見立てた白菜に重ねるのは、濃厚なミートソース。市販のミートソース缶を使いますが、きのことベーコンを加えてうまみをアップ。ホワイトソースと絡み合い、白菜の甘さを引き立てます。


【白菜のラザニア】(1人分677Kcal、塩分3.4g、調理時間30分)


<材料>(2人分)

白菜6枚(300g)、ホワイトソース(バター大さじ3、小麦粉大さじ2、牛乳2カップ、塩ひとつまみ、こしょう少々)、ミートソース缶320g、まいたけ1/2パック、ベーコン50g、ピザ用チーズ30g、塩、オリーブ油、バター


<作り方>

(1)白菜は縦横4等分に切り、葉、軸はそれぞれさらに縦半分に切って塩少々を入れた熱湯で下ゆでしたあと、ざるに広げて水けをきり、粗熱をとって5cmの幅に切る。

(2)ホワイトソースを作る。鍋にバターを溶かし、小麦粉を入れて炒める。白っぽくなってふつふつと細かい泡が立ってきたら牛乳を4回に分けて加え、泡立て器でよく混ぜてのばし、塩、こしょうで味をととのえる。

(3)フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、みじん切りにしたベーコンを炒める。脂が出てきたら、ほぐしたまいたけを加えてよく炒め、ミートソースを加えて混ぜ合わせる。

(4)バターを薄く塗ったグラタン皿にホワイトソース、白菜、3、ピザ用チーズの順に重ねていく。いちばん上にホワイトソース、チーズを乗せてバター少々を散らし、220℃のオーブンに入れて10分加熱し、こんがりと焼き色をつける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】