プロに教わる「汚部屋」改造。子どもの絵で埋まっていたリビングの壁がすっきり!
3人の子どもたちが描いた絵をペタペタ。季節感もなかった壁が…

子どもが描いた絵を壁に貼っておきたいのは、親心。でも、知らないうちにどんどん増えてしまって、リビングが「汚部屋」化してしまうことも。大河内えりなさん(仮名)宅もその一つでした。そこで、片づけのプロ・中山真由美さんのアドバイスのもと、改造にチャレンジ! さて、その結果は……?

【リビング:子どもの絵】

●ビフォーは…

3 人の子どもたちそれぞれが描いた絵を貼り続けた結果、壁のあちこちに貼られることに。雪だるまの絵や手作りのおひなさまなど、季節や時期のある作品も通年飾っていたので、季節感がないリビングになっていました。

●アフターは…

貼る絵を厳選して、飾り棚の一角をギャラリースペースに。貼る枚数を絞ることで、絵がインテリアとして生かされ、さらに3 カ月に1 度など頻度を決めて貼る絵を入れ替えることで、子どもたちの絵を描くモチベーションもアップします。

何事も“厳選”するのが、すっきり!のコツのよう。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】