髪がまとまりづらいのは加齢のせいだったの!? 脱・老け髪で目指せ-10歳見え!

#やってみた 

最近、髪色にピンクを入れました!
えへへへへへぇ!

ピンクのインナーカラー入れました


なかなかおでかけもできない状況下で、
ヘアカラーくらいは気分がアガるものにしたいなって。

…と浮かれていたわけですが…
そんな私にレタスクラブで特集されていた
『35歳を過ぎたら“老け髪”にご用心!』の見出しが刺さる!!

老け髪にご用心!!


35歳どころか私は40歳も過ぎちゃってますが、
なんか最近ね…お風呂上がりにブラシかけても
いつまでたっても髪がサラサラにならないっていうか…。

ブリーチによるダメージもあると思うのですが
そうか、これ…加齢かぁあ!!
日々のへとへとが髪にも表れちゃってるのね…。

具体的に気になるのはやはり毛先のパサつき。
特集によれば、まっ先に変えるべきは
シャンプー後のドライヤー使いだそうで。

毛先から乾かすのはパサつきの原因


今まで何も考えずに早く乾きやすい毛先から
ドライヤーの温風をあててたのですが
それではオーバードライになってパサつきの原因になるんですって。

正しい手順は、しっかりタオルドライした後に襟足部分から。

奥の方に風を送り込む


ドライヤーは20cm離し、
髪をかき分けながら髪の根元に風を送り込む。
ぬれているうちに頭頂部→顔前に髪を下ろし、
分け目をつけずにドライヤーで前へ前へ乾かします。
トップに分け目を作ると、ぺしゃんとして
それも老け見えの原因になってしまいます。

そして乾燥が激化するこれからの季節にそなえて
毛先のダメージ補修も朝のスタイリングも
オイルを1本洗面所に置いておきましょう。

オイルをヘアケアの習慣に


加齢とともに頭皮の皮脂分泌量も減ってしまうので、
髪も乾燥しやすい状態になるんですね。

そこでオイルを毎日のヘアケア習慣に!

夜は洗髪後にタオルドライしてからオイルをオン。

ぬれているうちにオイルをつけ、髪の内側まで
潤いを浸透させてからドライヤーをかけることで
熱によるダメージからも守れます。

朝は乾いた状態で毛束をとりながら
毛先を中心にオイルをつけてスタイリング。
ベタついた印象にならないように大豆一粒分くらいの少量で。
※ミディアムからロングの長さを基準としています。オイルの量は髪の長さによって調整してください

私はスキンケア用に持っていた椿油をそのまま使いました。
肌にも髪にも使えて便利ですよ〜。

オイルをつけることで、ゴワゴワとまとまらなかった髪が
ツヤが出て指どおりもよくなりました。
カラーのピンクも映える〜!

ヘアケアしてうるツヤ髪目指します!


髪の印象でホントに若くみえるんですよね。

せっかく明るい髪色にしたんですもの、
きちんとヘアケアしてうるツヤ髪目指します!

作=前川さなえ


この記事に共感したら

前川さなえ

前川さなえ

四日市在住のイラストレーター。ライブドアブログで日々更新中の『ぷ... もっと見る

Information

■出典:『レタスクラブ』’21 10月11月合併号『35歳を過ぎたら「老け髪」にご用心!』



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 10月11月合併号』情報はこちらから▼

栄養を捨てない!秋冬野菜レシピ/狭くても! 収納が少なくても!作業しやすいキッチンに!/業務スーパー120%活用法/35歳を過ぎたら「老け髪」にご用心!/【特別付録】SNOOPY家計簿2022


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧