風が強い日は、いつの間にかハンガーにかけた洗濯物が片寄ってしまい生乾き……。洗濯物が飛んでいってしまわないかヒヤヒヤ……なんて経験ありませんか? わが家では何度か、階下のベランダへハンガーごと洗濯物が飛んでいってしまったことがあります。どうにかしたいけれど、1日じゅう洗濯物を見張っているなんてできるわけないし。

片寄らないからよく乾く! 100均の「ハンガーホルダー」は洗濯物干しの救世主! 画像(1/3) キャンドゥ ハンガーホルダー 写真1

何の対策も見つからずあきらめかけていたとき、キャンドゥで「ハンガーホルダー」に出会いました。パッケージを見て即購入♪ ハンガーの間隔をキープすることができるので、洗濯物が片寄らずよく乾く! 想像通り使い勝手がよく便利で、デザインもおしゃれなので重宝しています。

片寄らないからよく乾く! 100均の「ハンガーホルダー」は洗濯物干しの救世主! 画像(3/3) キャンドゥ ハンガーホルダー 写真2

物干しざおをしっかりキャッチする固定フック付きで、使い方はとっても簡単。固定フックを物干しざおやポールに引っかけます。あとは白い輪っか部分にハンガーを入れるだけ。この白い部分が洗濯物をかけたハンガーをしっかりホールドしてくれるから、ハンガーがズレて片寄ることもないし、風で飛んでいくこともないというわけです。もちろん、取り外すときは、手前にひねるだけでOK。

固定フックは、直径約2.5cmの物干しざおやポールに固定してくださいね。それ以上のサイズのものに無理に固定しようとすると、変形や破損の原因になってしまいます。また、洗濯物の重さが片寄らないようにバランスよく干しましょう。

片寄らないからよく乾く! 100均の「ハンガーホルダー」は洗濯物干しの救世主! 画像(6/3) キャンドゥ ハンガーホルダー 写真3

さらに取り込むときだって便利なんです。急に雨が降ってきたけどベランダには大量の洗濯物……間に合わない~ってよく焦っていた私。この「ハンガーホルダー」を購入してからは、そんな悩みも解消されました! 片手で固定フックごと物干しざおから外せばいいので、たくさんの洗濯物の取り込みもあっという間。時短につながります。

クローゼットにポールがあればそのまま入れることもでき、衣類の折りじわ防止にも役立ちます。ズボラで面倒くさがりな私にとっては、まさに意外な救世主だったかも(笑)。


文=ライチ