長年愛用のアイロン台のカバー布が外れて中綿が凸凹し、アイロンがけのときに困っていました。

台ごと買い替えるべきところをカバー布だけなので補修しようと思い立った私。


ところが家にある平ゴムだと幅的に難しかったので、細ゴムを買いに100均へ走りました。

そしてキャンドゥにて見つけたのがこちら。


ゆるんだアイロン台カバーを【キャンドゥ】「ソフト丸ゴム」で修復!  画像(1/8) キャンドゥにてやわらかな丸ゴムを購入

・「ソフト3本丸ゴム黒 4,5m」100円/1個(税抜き)


通常は帽子のあごひもやヘアアクセサリーなどに使える3本組の丸い黒ゴムです。

平ゴムと違い、丸ゴムは細いスキマにも通るため、何かと重宝します。

白でも良かったのですが、あとあと使えそうな黒をチョイス。


ゆるんだアイロン台カバーを【キャンドゥ】「ソフト丸ゴム」で修復!  画像(3/8) 【画像】キツいゴムの締め付けがニガテな方にもおすすめ

<サイズ>4.5m(1.5m×3本入)

<材質>天然ラテックス(ゴム)、ポリエステル(糸)

<カラー>黒、白


あまりぎゅっとゴムで締め付けたくない場所にピッタリです。

締め付けに弱い方の下着のゴム替えなどにも便利。


今回はアイロン台カバーということで、ギャザーが寄りすぎるといけません。

そんなわけで、この「丸ゴム」でゆるっと仕上げたいと思います。



アイロン台の中はこうなっていた! 


ゆるんだアイロン台カバーを【キャンドゥ】「ソフト丸ゴム」で修復!  画像(6/8) アイロン台カバーのゴムがゆるみ使いづらい…! 

表面がフニャフニャ波打っている我が家の古いアイロン台。

熱で変色していますが、愛着もあって使いやすい高さのため、買い替えずにこのまま使いたい感じです。


ゆるんだアイロン台カバーを【キャンドゥ】「ソフト丸ゴム」で修復!  画像(10/8) アイロン台の中身を初めて見た気がします

カバーの中身は中綿入りで3枚おろし状態(!)。

手で凸凹を伸ばしつつ使っていましたが、あまりに面倒なのでついに補修に踏み切りました。



さっそくアイロン台の補修開始


ゆるんだアイロン台カバーを【キャンドゥ】「ソフト丸ゴム」で修復!  画像(15/8) 平ゴムよりも引っかかりにくく通しやすい

ヒモ通しに「丸ゴム」を挟み、カバー布の周囲に「丸ゴム」を通していきます。

やわらかな「丸ゴム」なので、


ゆるんだアイロン台カバーを【キャンドゥ】「ソフト丸ゴム」で修復!  画像(21/8) すんなりゴム通し完了♪ ユルめのしあがり

ひっかかりもなくサクサクヒモ通しできました。


ゆるんだアイロン台カバーを【キャンドゥ】「ソフト丸ゴム」で修復!  画像(28/8) ふんわりとゴムでギャザリングし…

最後、アイロン台サイズに沿ってゆるっと縛り、


ゆるんだアイロン台カバーを【キャンドゥ】「ソフト丸ゴム」で修復!  画像(36/8) 完成! ふたたびフラット状態に戻りました

また元の使いやすいアイロン台に戻すことができました♪ 

壊れて初めてわかったアイロン台内部のしくみ。

次は自分で好きな色柄の布でカバーを作ってみたい気分です。


そんなわけで、我が家のアイロン台、完全復活! 

本体が壊れないかぎり、何度でも補修して使い続けたいものです。



文=ちょこみん