ヘアブラシの汚れ、どうしてる? 【キャンドウ】のクリーナーがあればお手入れラクチン♪

#やってみた 

「なんだかヘアスタイルが決まらないなぁと思ったら、まずはブラシに髪の毛やほこりが絡まってないかチェックしてみて」と、美容師さんにいわれたことがあります。

汚れがたまった状態だと、ブラシも本来の役割をきちんと果たせないのだそう。


以来、ブラシをチェックして、髪の毛が絡まっていたり(使うつど取り除いてるつもりでも残ってる~!)、根元にホコリがたまっていたら、爪ようじや竹串でホジホジしていました。


でも、油断してると、すぐに汚れてしまい…。

1308453

はあ、またか。これホジホジするの、地味~に面倒くさいんだよなぁ、と思っていたら、その作業のために存在する専用グッズがちゃんとあるのですね。

それが【キャンドウ】で見つけた「髪の毛・ホコリ・汚れをカキ取る ヘアーブラシクリーナー」(←もう、そのまんま!のネーミング)、100円(税抜き)。

1308440

持ち手の先端から、細~いステンレスが何本も熊手状態に伸びています。サイズは長さ9cm弱。

この熊手部分をブラシの溝に突っ込んで、たまっているもろもろをかき出すというわけですね。


では、やってみましょー。

1308471

おぉ、ステンレスの先っぽが鍵の手状態に曲がっているから、たしかにかき取れること、かき取れること。おもしろいほど掘り出せ?ます。

爪ようじや竹串でホジホジするより、はるかに効率的! なんだかクセになりそうな快感(笑)。


いや~ん、こんなに汚れがたまっていたとは…(泣)。

1308472

でも、おかげでブラシ自体はすっきりキレイに!

1308474

どんなに髪の毛を清潔&キレイにケアしたところで、肝心のブラシが汚れていたら、元も子もないですもんね。

これからもまめにヘアブラシのお手入れをしたいと思います~。


こういうニッチな商品ほどお高いものだと思い込んでいましたが、さすがイマドキ100均ショップ! ちゃーんとあるんですねぇ。

目的のものを買ってサッと帰ってくるんじゃなくて、ついでにフラフラと商品チェックが楽しいのは、こんな発見があるから(笑)。

これからもせっせと足を運んで、見つけちゃおうっと♡


文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧