硬筆感覚で書ける!【ダイソー】「細字筆ぺん」の「きちんと」感のある文字に!

#やってみた 

急に筆ペンが必要になり、久々にキャップを開けたらインクがかすれている…。

出番が少ないからこその「筆ペンあるある」です。

あわてて100均へ行くと、日本製×ダイソーオリジナルの高級感あふれる筆ペンを発見。

100均にみえない!? 高級感あふれる筆ぺん


・「細字筆ぺん」100円/1本(税抜き)

硬筆のような気軽さで筆文字が書ける細字黒ペン。

筆書きがニガテな人にとっての救世主です。

用途は金封・はがき・手紙・あて名書き・芳名録などなど。

<本体素材>ポリプロピレン、ポリアセタール

<インク>水性染料

<カラー>黒

【画像】ありがたや…! 試し書き用紙


うれしいことに、試し書きの用紙がついています。

ふつうのペンのような先端。しかし…


硬めのペン先で、筆ペン特有の文字つぶれや書きづらさを回避。

サインペンにしかみえない…! 

ちゃんと筆ペンになっているのがスゴイ


でもペン先を押しつぶせば、ほどよくしなってくれます。

ラフな書き心地ながら、筆ペンのような強弱のある文字が書けるのがメリット。

書く文字に「きちんと感」が演出できそうです。

さっそく文字を試し書き


学生時代以来のなぞり書き


そういえば、最近文字らしい文字を書いていないことに気づきます。

(スケジュール帳に一言書くくらい? )

特になぞり書きなんて学生以来かも。

スマホ入力が得意になるかわり、手書き感覚はどんどん忘れていきますよね。

手紙や年賀状を書く機会もほとんどなくなりました。

さらに、毛筆となると…。

なので、本当に毛筆タッチなのに、硬筆のように使えるコレはスグレモノです。

書き順を忘れかけていることに気づく


本番でミスしないよう、ペンの感覚を手に叩き込みます。

しっかり発色。

黒がちゃんと濃いのがうれしい。

練習を終えついに本番


さて、試し書きで自信がついてきたところで本番です。

本番! 水引封筒に文字入れ


筆文字らしい筆文字が書けました


緊張の瞬間、封筒の文字入れ。

いくつになっても毎回緊張します。

それにしても、やっぱりしっかり試し書きするのって大事。

書き損じることなく文字入れ成功です。

線の幅にメリハリもあり、ちゃんと<筆文字感>が出せるダイソー筆ペン。

100均とは思えないほどのハイクオリティーな書き心地に感動! 

みなさんも、筆ペンが必要になったらぜひダイソーで♪ 

文=ちょこみん

この記事に共感したら

ちょこみん

ちょこみん

無類のチョコミントアイス好き。生まれつき横着でズボラなため、暮ら... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧