汚れがビッシリ…!見て見ぬ振りは限界【しまむら】ウタマロクリーナーで窓のドロドロ一発撃退!

#やってみた 
 


巣ごもりで家にいると、家の汚れが気になってきました。

中でもしばらく見て見ぬ振りしていたのが窓。

年末にふいたようなふいてないような…あいまいな記憶…。

以前、【しまむら】で買った住宅用のウタマロクリーナーを今ではすっかり愛用していて、詰め替え用も買い足しています。ウタマロクリーナーはキッチンだと油汚れに強いので、コンロや換気扇の掃除にぴったりなのは知っていたのですが…

調べてみたら窓をキレイにするのにもぴったりとか!

ウタマロクリーナーはとっても信頼しているアイテムなので、これはやってみたい!と早速チャレンジ。

信頼のウタマロクリーナー。放置していた窓、なんとかして!


以前しまむらで購入◇ウタマロクリーナー 455円(税別)

アミノ酸系洗浄成分主配合

天気がいいうちにと、さっそく窓拭き掃除をスタート。

最初にバケツと水、ゴム手袋、ぞうきんをスタンバイします。

バケツの水はサッシなどについたひどい泥汚れ落とし用です。

春の窓は、砂ぼこり、雨の跡などがこびりついて、すっかりガラスがくすんでいます。

【画像】ギャ―!白い斑点のような汚れがビッシリ!!!


わわ…内側の窓にも手あかやほこりが…!

最初に比較的汚れが少ない内窓を拭いて、それから頑固な汚れの外側に挑戦しました。

ウタマロクリーナーは、軽くスプレーすると泡がたっぷりでてきます。

この泡が窓の汚れを包み込んで、拭き取りやすくしてくれるんです。

スプレーすると泡が簡単に出てきて、汚れを優しく包んでくれます


説明書によると1平方㍍につき3回スプレーするのが適量です。

実際に窓の上に雑巾をすべられせると、すうーと伸びて生地が土ぼこりをどんどん拭き取っていきます。

ぞうきんのキレイな面を使いながら、窓を拭いていくのは気持ちがいいですね。

スイスイ拭くうちに、いい運動にもなりました。

ちょっとだけ手間がかかりますが、泥汚れを落としたら、よく絞ったぞうきんでもう一度水拭き。

そのあと乾拭きと書いていますが、しなくても窓の透明感はキープできました。

グリーンハーブの香りに春を感じながら、ストレス解消もできて一石二鳥♪

掃除が終わると窓がすっかりキレイなり、空も青さを増したように見えます。

窓がきれいになると、春の日差しも明るく家の中に差し込んできます


窓を拭き終わってガラスがピカピカになると、今度は家の中の汚れが気になって、今度は鏡やプラスチック製のスイッチ、砂ぼこりがついたスリッパの裏側などを拭き掃除しました。

おかげで家中がリフレッシュ!

やってよかった!!!

ウタマロクリーナーの用途を見ると、キッチンや窓以外にも、お風呂場やトイレ、プラスチックなど、いろんな場所の掃除に使えるそうです。

洗剤の収納スペースには限界があるので、1本でいろいろな場所が掃除できると助かりますね。

それにウタマロクリーナーが手肌と環境に優しい成分というも安心です。

まだしばらく巣ごもりが続きそうなので、ストレスフリーな掃除方法で家をキレイにしていこう、と改めて思いました。

快適に過ごしたいですもんね!

文=ポテコ

この記事に共感したら

ポテコ

ポテコ

100均・ニトリ・3COINS・しまむらをプチプラマニア友達とパ... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧